サスペンス・ホラー

怖い話『虫刺され』

 

大学時代の話。
夜中、わたしの部屋のドアをたたく者がいました。
ドアを開けると、隣の部屋の友人が、痒み止めの塗り薬を持って立っていました。

「体が痒くて眠れない」

あちこち虫に噛まれて、体中痒いのだそうです。
友人は仲間とチームを組んで、河川敷のグランドで草サッカーをしていました。
グランドは、周辺に茂みが生い茂っていて、蚊がたくさん湧いているような場所です。
茂みの中でボール探ししているときに、よく噛まれるのだそうです。

背中の手の届かない場所に、痒み止めの薬を塗ってほしいとわたしに塗り薬を手渡してきました。

友人は上着をたくし上げ、わたしに背中を向けました。
わたしは塗り薬のキャップを外し、いざ塗ろうと友人の背中を見ました。
わたしの目に飛び込んできたのは、虫に噛まれた痕じゃなく、どう見ても人の歯型でした。

わたしはとりあえず薬を塗ったのですが、効果はあったのでしょうか?

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f5/photo/29563206506/4744ab4bc

関連記事

  1. 怖い話『闇の中のヒモ』
  2. 怖い話『走る男の子』
  3. 怖い話『もうちょっとだったのに』
  4. 怖い話『おまえだけ』
  5. 怖い話『押し入れにいたもの』
  6. 怖い話『ヘッドライト』
  7. 怖い話『犬が追うもの』
  8. 怖い話『開けてください』

おすすめ記事

就労支援リカバリー

相談室 みんなのそら

利用種が有する能力及び適正に応じ自立した日常生活又は、社会生活を営むことが出来るよう、当該利用者心身…

とらいわーく

障害者支援施設 根室すずらん学園

就労、生産活動やその他の活動機械を提供するとともに、一般就労に必要な知識や技術などを習得し、一般就労…

『物語を作ろう』―物語の主人公は君しだい―

自分の人生は…物語のようなもの。だから自分自…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP