時事問題

12月にしては異例の大雪

 

 12月にしては異例の大雪が降っていると、ニュースで報道された。

 

 NHKのテレビ番組で、自分の知っている場所が映し出されていた。温暖化が始まる前であっても、12月にあれだけの積雪というのはほとんど記憶にない。12月の光景とはとても思えなかった。

 

 雪が地面に積もると、車がスリップする可能性が高まる。スノータイヤをつけるなどして、万全の対策を取りたい。

 

 積雪によって道が狭まるため、車同士の衝突にも注意しなくてはならない。悪条件の中で、細心の注意を払っていかなくてはならない。

 

 屋根の雪かきなども必須となる。自分で雪かきをする場合、雪崩などに細心の注意を払わなければならない。

 

 県内のスキー場の積雪情報を調べてみると、すでに100センチの積雪があるとのこと。30年前であっても、12月のスキー場の積雪は40センチほどだった。今年の積雪量がいかに多いのかおわかりいただけるだろう。

 

 昨年は暖冬でスキー場を開くことすらままならないスキー場が多かった。コロナが流行しているとはいえ、営業できることに安堵しているスキー場関係者は多いのではなかろうか。

 

 天気予報によると、今日も大雪は続くようだ。今後の積もり方によっては、歴史的大雪を記録する可能性は大いにある。日本海側の人は雪に万全の注意を払いながら、生活をしてほしい。

 

*筆者も冬に2メートル近い積雪を経験しました。家を押しつぶさんばかりの大量の雪が屋根に積もり、路面は凍結するなどの悪条件でした。雪の中で生活する苦労は、忘れられません。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/bf2af6702157ebf506afec39099f5d80662e6940

©『薪で風呂を沸かしました』大雪の影響…兵庫県北部で“集落孤立や停電”続く(MBSニュース) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

情報提供元 https://foter.com/photo4/winter-mountain-snow/

関連記事

  1. 路線バスの低迷で地方の足が消えていく
  2. 最低賃金は11年ぶりに据え置かれる確率が高い
  3. バレンタインデーに愛の告白をするのは少数派
  4. 自分の身は自分で守ろう
  5. コロナウイルスは障碍者の就職活動に影響を及ぼしている
  6. 京阪電車では、特急から快速急行に乗り換えるダイヤが存在していた
  7. プレミアムカー連結後の3000系列車はどうなるのか
  8. 消費増税による家計負担

おすすめ記事

障害者相談支援センター クレパス

利用者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者…

就労支援事業所 実の里

判断基準は常に利用者の立場に立って有利なのかを考え行動する。 自立と社会支援に向けて、日常生活・就労…

アダージョ

おおの福祉会基本方針 1.スタッフ一人ひとりが大切にされ認められその気持ちが尊重される。 2.毎日、…

障がい者就労継続支援AB型事業所合同会社咲花ー菜

相談支援センター青森

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP