時事問題

12月にしては異例の大雪

 

 12月にしては異例の大雪が降っていると、ニュースで報道された。

 

 NHKのテレビ番組で、自分の知っている場所が映し出されていた。温暖化が始まる前であっても、12月にあれだけの積雪というのはほとんど記憶にない。12月の光景とはとても思えなかった。

 

 雪が地面に積もると、車がスリップする可能性が高まる。スノータイヤをつけるなどして、万全の対策を取りたい。

 

 積雪によって道が狭まるため、車同士の衝突にも注意しなくてはならない。悪条件の中で、細心の注意を払っていかなくてはならない。

 

 屋根の雪かきなども必須となる。自分で雪かきをする場合、雪崩などに細心の注意を払わなければならない。

 

 県内のスキー場の積雪情報を調べてみると、すでに100センチの積雪があるとのこと。30年前であっても、12月のスキー場の積雪は40センチほどだった。今年の積雪量がいかに多いのかおわかりいただけるだろう。

 

 昨年は暖冬でスキー場を開くことすらままならないスキー場が多かった。コロナが流行しているとはいえ、営業できることに安堵しているスキー場関係者は多いのではなかろうか。

 

 天気予報によると、今日も大雪は続くようだ。今後の積もり方によっては、歴史的大雪を記録する可能性は大いにある。日本海側の人は雪に万全の注意を払いながら、生活をしてほしい。

 

*筆者も冬に2メートル近い積雪を経験しました。家を押しつぶさんばかりの大量の雪が屋根に積もり、路面は凍結するなどの悪条件でした。雪の中で生活する苦労は、忘れられません。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/bf2af6702157ebf506afec39099f5d80662e6940

©『薪で風呂を沸かしました』大雪の影響…兵庫県北部で“集落孤立や停電”続く(MBSニュース) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

情報提供元 https://foter.com/photo4/winter-mountain-snow/

関連記事

  1. 香川県がゲーム時間を制限する条例の制定を目指している
  2. 棋士と学業の両立は難しいのか
  3. 車の免許だけは取ろう
  4. 若者の語学力が低下している
  5. コロナウイルス感染で志村けんさんが亡くなった
  6. 市町村合併と「学校の閉鎖」の関連性
  7. 福原愛さんに不倫報道
  8. 落ちても這い上がればいい【大相撲編】

おすすめ記事

最適な三角関係 Google現る

『アレクサに彼氏ができる』漫画:PAPRIKA&nbsp…

Bon Bon Bakery

生産活動などの機会の提供、パン作りを通して一人一人のできることや得意な事を見つけていく。 ご本人の希…

戸河内あすなろ園

・事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、保護並びにその更生に必…

一方的な対人関係を築く人が目立つ

 一方的な対人関係を築いてくる。誰しも一度はそういう人と出会ったことがあるだろう。…

障害者支援施設 緑風園

利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、利用者の能力や特性、環境などに即し…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP