福祉・医療

リーゼを減薬した副作用及び経過

 

 リーゼの服薬をやめたいと考えている人もいるかもしれません。今回は減薬した場合の副作用について記していきます。

 

 離脱症状はある

 筆者は二年以上にわたって、リーゼを服薬していました。それゆえ、減少を始めたころは、強烈な離脱症状を起こします。

 

 減薬を開始してから1~2週間は、10パーセントを減らすことも大変だった記憶があります。体に慣れるまでは、苦しむことになるでしょう。

 

 減薬してから昼間の眠気が増すようになった

 リーゼを服薬していたときよりも、減薬してからの方が眠気は強くなったような気がします。体内バランスが崩れたことによるものなのか、体力的な疲れによるものかはわかりません。

 

 夜に眠れないことが少しだけ増えた

 週に一度くらい、なかなか寝付けないことがあります。

 

 減薬しているからではなく、精神的な悩みが増えただけという可能性もあるため、これについてはよくわかりません。リーゼとの因果関係は不明です。

 

 ゆるい薬なので時間をかければ減薬は可能

 以前は10mgを飲んでいたけど、現在は5mgくらいまで減らしています。これからも徐々に減らしていき、最終的には0になれるように頑張っていきたいと思います。

 

 服薬量を減らしても、日常生活を送ることは可能

 薬の効果は弱いのか、減薬しても日常生活は普通に送れます。

 

注意事項

*他の人には当てはまらない部分も多いと思われるので、あまり参考にならないかもしれません。あくまで個人の感想だと思ってください。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 採用面接官が障碍者を不採用にする理由
  2. 初診のオンライン診察解禁(精神科のサイト付き)
  3. 介護業界を目指す方が最初に取得する資格
  4. 高次脳機能障碍者向けの就労移行支援事業所
  5. 支援機関は一部の障碍者の人間性を否定する場所
  6. 障碍者支援は「営業事務職」の側面が強い
  7. 薬を飲むと死亡リスクが高まる
  8. 支援者と利用者のあるべき関係は一部分で崩壊している

おすすめ記事

グローバル エコパーク作業所

指定障害福祉サービス事業所 サクラ

カトリックの教えに基づく愛の奉仕の実践を行い、ハンディを持つ人、持たない人がお互いの存在を分かち合い…

LITALICOワークス札幌大通

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

「本能と欲望」

  遠い所へ旅行してみたい。 高級な肉を食べたい。&nbsp…

就労移行支援事業所 チェロ

1.利用者に対し生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP