福祉・医療

リーゼを減薬した副作用及び経過

 

 リーゼの服薬をやめたいと考えている人もいるかもしれません。今回は減薬した場合の副作用について記していきます。

 

 離脱症状はある

 筆者は二年以上にわたって、リーゼを服薬していました。それゆえ、減少を始めたころは、強烈な離脱症状を起こします。

 

 減薬を開始してから1~2週間は、10パーセントを減らすことも大変だった記憶があります。体に慣れるまでは、苦しむことになるでしょう。

 

 減薬してから昼間の眠気が増すようになった

 リーゼを服薬していたときよりも、減薬してからの方が眠気は強くなったような気がします。体内バランスが崩れたことによるものなのか、体力的な疲れによるものかはわかりません。

 

 夜に眠れないことが少しだけ増えた

 週に一度くらい、なかなか寝付けないことがあります。

 

 減薬しているからではなく、精神的な悩みが増えただけという可能性もあるため、これについてはよくわかりません。リーゼとの因果関係は不明です。

 

 ゆるい薬なので時間をかければ減薬は可能

 以前は10mgを飲んでいたけど、現在は5mgくらいまで減らしています。これからも徐々に減らしていき、最終的には0になれるように頑張っていきたいと思います。

 

 服薬量を減らしても、日常生活を送ることは可能

 薬の効果は弱いのか、減薬しても日常生活は普通に送れます。

 

注意事項

*他の人には当てはまらない部分も多いと思われるので、あまり参考にならないかもしれません。あくまで個人の感想だと思ってください。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 『統合失調症』と薬物療法
  2. 障碍者の切なる願い
  3. 発達障碍で障碍者手帳を取得するまでのプロセス
  4. 「障碍者施設」は、現状維持を望んでいるようにも見える
  5. 支援者(健常者)は利用者(障碍者)に無理を強いることが多い
  6. ハンデを抱えたことを嘆かないように(ピアノ)
  7. 障碍を打ち明ける難しさ
  8. 障碍によるハンディを理解する

おすすめ記事

合同会社 自然農業社

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者を雇用し就労の機会を提供…

PRINT Shop

事業の目的:障害者自立支援法の理念に基づき適切な運営を図る。 運営方針:関係法令を遵守し、他の社会資…

相談支援事業所 むすぶ

利用者がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活が営むことができるよう利用者の心身…

御影倶楽部

相談支援事業所あゆむ

利用者等が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう支援します。…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP