福祉・医療

障碍者施設ではどのようなことを行っているのか

 

 A型作業所、B型作業所でどのようなことを行っているのかを気にする方は多いと思います。

 

 筆者がこれまでに発見したものを記していきます。(発見次第、随時記していきたいと思います)

 

・農業 

・店内でお菓子作り(自分の所で食材を作る場合もある) 

・温泉事業(少数だけど、実在しています)

・パソコン入力やweb作業

・ラーメン販売

・肉まん販売

・スマホ関連

・写真の加工

・製本作業

・施設外就労

・うどんの製造、販売

 

 障碍者事業所は軽作業のイメージを持っている方も多いかもしれませんが、実際はいろいろなことに取り組んでいるようです。

 

B型作業所で施設外就労を積極的に取り入れようとしているのは意外な印象を受けました。固定概念を持ってはいけないなと思わされました。

 

 個人的に面白いと思ったのは製本作業、温泉、うどん作り、スマホ関連などです。これらは他の事業所ではほとんど行われていないため、特殊な技術を身につけることができるでしょう。

 

 作業所で行われている作業はいろいろなものがあります。自分に見合ったものを選択することによって、将来につながっていくのではないでしょうか。

 

*地域にある障碍者施設をワムネットで調べてみてはいかがでしょうか。これまでにない発見があるかもしれません。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 高次脳障碍がつきにくい仕事
  2. 障碍者の働くうえでの苦悩
  3. 障碍者の一部は職場に居場所を確保するので一杯一杯
  4. 就労移行支援事業所が半年後、一年後の定着率を表示するのは訳がある…
  5. 違和感のある支援者の発言
  6. 支援員の悲しい現実
  7. 障碍者の生きにくさ
  8. iPnoneの基本を学べるB型作業所の紹介

おすすめ記事

knot

B型作業所でeスポーツのプロでお金を稼ごうというものがあった

 B型作業所にて、eスポーツのプロとしてお金を稼ぐというものがあった。軽作業、パソコ…

就労継続支援A型事業所 ワーク アンド ライフ

通常の一般企業への就職が困難な障がい者のうち、適切な支援により、原則、雇用契約等に基づき、就労するこ…

クリエイト

指定就労継続支援B型の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者自立…

いぶきの風

新着記事

PAGE TOP