福祉・医療

地元の名産品を使用したA型作業所の紹介

 

 長崎県の島原市で地元の素材にこだわる、A型作業所(島原むすびす)を見つけたので紹介していきます。

 

 島原むすびすでは、おむすび、お弁当、オードブル、ドリンク、サイドメニューの販売を行っています。(期間限定、日によって変更されるものもあります)

 

 おむすびの種類は、島原ブランドの走り蛸を使用したたこ飯、雲仙郷土食となっているじてんしゃ飯、農園で取れた黒米、運仙ハムなどがあります。(ホームページによると全部で15種類) 販売価格は100円もしくは120円なので、お手軽といえる値段設定ではないでしょうか。

 

 お弁当はボリューム満点のランチボックス、おにぎり2個のセットで500円です。食べきれないという方には、おにぎりなしで300円、おにぎり一つで400円のセットも用意されています。

 

 お弁当のこだわりとしては、野菜をたっぷりと入れていることです。お客様の野菜をたくさん食べたいという気持ちにこたえる形となっています。

 

 サイドメニューでは日替わり総菜及び、8種類のメニューを取り揃えています。半熟卵のメンチカツといった馴染みの薄い一品も用意されています。

 

 ドリンクは13種類あり、島原産のミルクを使用した商品が新登場したようです。こちらも健康にこだわった飲み物を取り揃えています。

 

  オードブルでは個人の予算に合わせたタイプを2種類用意しています。電話で予約を受け付けているようなので、食べてみたいと思った方は連絡してみてはいかがでしょうか。

 

 島原育ちの方で地元の料理を作りたいという方は、見学してみましょう。地元の食べ物に触れることによって、愛着が湧いてくるかもしれません。

 

 地元のコメなどを使用して運営されている、A型作業所とホームページを下記に記します。

 

 作業所名 島原むすびす(長崎県島原市片町578番地8)

 ホームページ 

 https://musubisu.com/

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 高次脳障害向けの支援を行う事業所を探してみよう
  2. 薬の服薬、サプリメントの摂取はなるべく避けよう(実話含む)
  3. 長崎五島の名産となっている「なんや餅」を販売するB型作業所の紹介…
  4. 厚生年金の枠拡大による障碍者へのメリット、デメリット
  5. 養鶏を行っているB型作業所についての紹介
  6. 勤務中の全面禁煙を取り入れてみてはいかがだろうか
  7. 障碍者事業所の方針を読んだ感想
  8. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…

おすすめ記事

ナイキの厚底シューズ(ヴェイバーフライ)が使用禁止になりそうだ

   ナイキ社の開発した厚底シューズ「ヴェイバーフライ」を、国際陸連が使用禁止とする…

広く浅くが唱えられる限り、発達障碍は生きにくい

 広く浅くいきなさい。その概念が社会に広がっていくことが、発達障碍の生きにくさを助長…

土佐しまんと本舗

さなえファーム鷹子

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう利用者に就労の機会を提供するとともに、就労…

第一事業所わかたけ作業所

就労の機会の提供と訓練を行う。 関係機関との連携を図り、総合的なサービスの提供を行う。 関係法令を遵…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP