福祉・医療

豊富なプログラムを組んでいる、就労移行支援事業所(工賃も支給)

 

 今回は就労移行支援事業を行っている、Astage王子センター(東京都北区)について書いていきたいと思います。

 

 就労移行事業所では、事務職を目指したプログラムを組んでいるようです。基本的には事務を目指す人向けといえるでしょう。

 

 会社のホームページによると、利用者の65パーセントは精神障碍者もしくは発達障碍者となっています。身体障碍者は7パーセントと少数です。(利用者の年齢比率、どれくらいで就職できるのかといったデータもあるので、興味のある方は調べてみましょう)

 

 特徴として挙げられるのはプログラムの種類及び実習先の多さでしょう。50種類ものプログラムから自由に学べるため、初心者であっても取り組みやすい者も用意されていると思われます。

 

 100種類以上の実習先を持っているのも強みではないでしょうか。実際の職場で実戦経験を積むことで、課題や得意分野などを把握できると思います。

 

 就労移行ではあるものの、工賃は1日あたり800円支給されます。20日通所した場合、16000円とB型の月平均工賃と同じくらいになります。実践的な訓練を積んでいる分、B型よりも成長できる確率は高いと思われます。

 

 東京都の北区にある事業所なので、近くに住んでいる方は通所を検討してみてはいかがでしょうか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 同じ薬を複数の病院から処方されることで新しい発見がある
  2. 仕事のヒントになるサイト
  3. パワハラまがいの支援員を職場から消す方法
  4. ハンデを抱えたことを嘆かないように(ピアノ)
  5. 歯は虫歯にならなくてもしみる
  6. パートナー、心を寄せられる人が一人ずついればいい(障碍者向け)
  7. 発達障碍者に推奨される仕事
  8. iPnoneの基本を学べるB型作業所の紹介

おすすめ記事

キューオーエル

1 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者等の心身の状況、その…

わお

利用されているかたがたに就労の機会を提供したり、創作活動や生産活動を通して 持っている力を伸ばし地域…

がまだす

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供する…

『居場所』

時折り自分の居場所がなくなる。どうしてだろう?…

カフェそれいゆ

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP