福祉・医療

障碍者の法定雇用率は引き上げられるかもしれない

 

 民間企業における障碍者の法定雇用率は、2021の1月より引き上げられる可能性が浮上している。

 

 現在の企業の法定雇用率は、2.2%となっている。(46人以上の企業は障碍者を1人雇わなくてはならない)政府はこれを2.3%に引き上げると企業側に通知しているので、実施する確率は低くないと思われる。(完全な決定ではないため、先延ばしとなる可能性も十分にある)

 

 法定雇用率が2.3%に上がると、44人以上の企業に障碍者を雇用する義務が生じることになる。障碍者にとっては活躍の場を増やすことにつながるため、一般就労しやすくなるメリットを持つ。

 

 法定雇用率の影響は大企業ほど大きく、人員募集の必要性に迫られる。障碍者にとっては一般企業に就職するための門戸は広くなるため、大きなチャンスになりうる。

 

 コロナウイルスによる失業者も多い中、法定雇用率の引き上げは障碍者にとって大きなプラス。当事者は雇用されるための、法定雇用率の引き上げを切に願っている。

 

*健常者の解雇により従業員の総数が減った場合、法定雇用率の引き上げはあまり意味を成さないかもしれません。(障碍者の総数を維持するための意味合いが強く打ち出しているのかもしれない)

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 歯は虫歯にならなくてもしみる
  2. 障碍者福祉における支援者側の課題
  3. B型作業所でeスポーツのプロでお金を稼ごうというものがあった
  4. A型作業所にて施設外で勤務する障碍者は一般でやっていけるのではな…
  5. 自分の幸せすらわからない支援員が、他人を幸福にするのははなっから…
  6. 精神障碍者の自殺問題(大阪)について
  7. 脳性麻痺があっても前に進み続ける
  8. 同じ薬を複数の病院から処方されることで新しい発見がある

おすすめ記事

しげのぶ清愛園

利用者が「やりがい」や「生きがい」を感じて取り組める日中・余暇活動を高齢化にも十分配慮して用意する。…

ブレイブ作業所

チャレンジ

 障害があるというだけで、本人たちに適した社会参加の場が少なく、働く能力があるにも関わらず就労が難し…

フレェールカンパニー新町

(事業の目的) 法律に基づく指定就労継続支援A型事業の適正な運営を確保するために必要な人員及び運営管…

特定非営利活動法人ひまわり

1.利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、知識及び能力のために必要な訓練等を効…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP