福祉・医療

事業所ごとの就職人数の掲載を義務化してほしい

 

  障碍者のホームページにて、7年間で29人前後の就職者を出したという内容を見つけた。(事業所の行っているサービスは就労移行、B型作業所)

 

  就労移行とB型作業所を合算していると思われるため、就職人数は決して多いとはいえない。そうだとしても、事業所でどれくらいの人数を就職させているのかを示すのは良いことだと思う。就職に前向きな事業所であることは、就業を考えている利用者には心強いデータとなる。

 

 現時点ではどれくらいの人数を、就職させているのかを表示する義務はない。制度を改正し、全ての事業所において、就職人数の公表を義務づけるのはどうだろうか。利用者のためにならない事業所を完全に弾き飛ばすことで、健全な作業所のみで運営されていくことに繋がっていく。

 

 利用者のためになるような制度改正をどんどん行うことで、一部の支援者によって私物化されている実態を改善できるのではなかろうか。健常者が障碍者の人生を食いつぶすようなことはあってはならない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者が働く(就職活動をする)ときに気をつけるポイント2
  2. A型作業所、B型作業所から一般就労する確率はかなり低い
  3. 就労移行の就職率は充分といえるのか?
  4. インフルエンザの注射を打つべきか
  5. リーゼを減薬した副作用及び経過
  6. 精神障碍者の自殺問題(大阪)について
  7. 居心地を良くしたい利用者同士の会話
  8. 三環系抗うつ薬

おすすめ記事

ウインズ

消費増税の是非 結論を急がないように

 消費税が10パーセントになった直後に、店頭で700円以上の商品を購入すると、15パ…

あゆみ苑成人寮

事業の目的)  適正な運営を確保するために人員及び管理運営に関する事項を定め、従業者が利用者に対し適…

Arch Plus

通所により、一般就労に向けた知識、能力の高まったものについて、一般就労への移行に向けて支援します…

青空

目的:社会福祉浦河向陽会が設置する青空が行う、指定就労継続支援B型の適      正な運営を確保する…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP