時事問題

うがい薬が市場から消えた

 

  コロナウイルスの影響で、マスク、消毒液、トイレットペーパー、ティッシュペーパーが店頭から姿を消したのは記憶に新しい。マスクは高額でオークションに出されたことで、一時的に転売禁止の措置を取られるに至った。(今後解除する可能性あり)

 

 大阪における記者会見で、うがい薬はコロナに有効であるという報道をなされた。この影響を受けて、うがい薬は市場から姿を消す事態となった。筆者は会見の2~3時間後に薬局に足を運んだものの、記者会見の対象とされた、うがい薬は完売となっていた。

 

 マスク、トイレットペーパー、ティッシュペーパーのときを思い出させるかのように、「ポピドンヨードの次回入店は未定です」という張り紙を貼られていた。日常的に使用している人は、一ヶ月、二ヶ月間は購入できないことを覚悟しなくてはならない状況となった。

 

 マスク、消毒液、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、うがい薬と色々なものが姿を消す異常事態。コロナが完全に収束するまで、騒動は起こり続けるのかもしれない。

 

*次は何になるのでしょうか。生活必需品で騒動にならないことを切に祈ります。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 香川県が依存症対策としてゲーム時間を制限する条例を可決
  2. 不倫の代償は大きかった(俳優)
  3. 生レバ禁止問題について
  4. コロナに罹らないではなく、発症してもウイルスを撃破する身体づくり…
  5. 特別採用枠を求めて動き出した求職者
  6. トイレットペーパー、ティッシュは入荷している
  7. コロナウイルスによる差別、罵倒が起きている
  8. 覚せい剤逮捕に見る人間の依存性

おすすめ記事

就労サポート

就労支援事業所 心笑

就労を媒介とした支援を中心に利用者のニーズに応え、障害の程度や違いを超えて、各利用者の夢や希望を発展…

障がい福祉サービス事業所 あいねっと

ロイヤルウォッシュ

きずな

事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、生産活動・そ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP