レジャー

将棋の世界:名人戦における昇級、降級、降級点は一部変更となった

 

 前回はC級二組の降級点について説明しました。今回は他の組についても制度変更を記していきたいと思います。

 

・各クラスにおける変更は以下の通りとなっています。

 

A級→従来から変更なし

B級1組→降級者は2→3人(B級2組以下とは異なり、下位3名は1期で降級する)

B級2組→昇級者は2→3人、降級点は5人に1人から4人に1人に変更(累積2つで降級)

C級1組→昇級者は2→3人 降級点は5人に1人から、4.5人に1人に変更(累積2つで降級)

C級2組→来季より降級点は5人に1人から、4.5人に1人に変更(累積3つでフリークラス転落)

 

*降級点は条件を満たすと消すことも可能となっています。(C級2組の1つ目は消えない)

*同じ成績であった場合、順位の下位となっている棋士が降級もしくは降級点の対象となる。

 

 A級以外は全て見直されることにより、 成績優秀な棋士は上に行きやすく、不優秀な棋士は下がりやすくなりました。これまでの順位戦よりも実力主義の傾向は強くなっている印象を受けます。

 

 順位戦の制度は定期的に見直されるようです。名人戦の規定変更は、棋士を目指す若者にとってどのような影響をもたらしていくのでしょうか。これまでのように、60歳まで棋士を続けることは難しくなるかもしれません。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. メダルを拒否した心理を想像してみた(ラグビー)
  2. 8月6日の巨人対阪神戦で野手が登板した
  3. 女子軟式野球設立の動き
  4. 勝負の世界では勝利が大事だ
  5. プロ棋士になるのは難しい
  6. 西山朋佳女流三冠は女性棋士として初めて棋聖戦の一次予選突破
  7. クライマックスシリーズの是非を問う
  8. USJにマリオがやってくる

おすすめ記事

株式会社 太陽ファーム

指定就労継続支援(A型)の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者…

障害福祉支援プラザ

「缶詰」と「ナポレオン」

つい先日、買い物に行く時に、母からイワシの缶詰を買って帰るように頼まれました。そ…

ワークスタジオきぼう

事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、該当利用者に就労の機会を提供…

相談支援事業所「ぬくもり暖」

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP