福祉・医療

障碍者施設は、能力の低い利用者を優遇するシステムを採用

 

 一般会社では能力主義を取り入れており、仕事のできない人間は容赦なく解雇されます。給料に見合わないと判断された時点で、首を切られるシステムです。

 

 障碍者事業所は正反対の性質を持っており、能力の低い人間をどういうわけか優遇します(本当はそうでなかったとしても、そのように見えてしまう実態がある)。

 

 具体例を挙げるとできない仕事の免除、作業量の軽減などが挙げられます。しわ寄せは仕事のできる人間へと行くため、負荷は増すことになります。配慮される立場なのに、拷問さながらの仕打ちを受けるのです。(A型作業所では同じ給料なのに、数倍の業務量の差となることもある)

 

 うめき声などをあげる当事者もいます。支援者に働きかけても、我慢しなさいの一言で片づけられることが多く、まともに相談に乗ってもらえません。一般会社よりもひどい状況が作り上げられることも珍しくないでしょう。

 

 支援者は改善すべき点を見て見ぬふりをします。本気で解決しようという気はさらさらないため、時間の経過と共に居心地はどんどん悪くなっていきます。

 

 真面目に取り組もうとしている人間がバカを見る、障碍者支援とはそういう場所なのかもしれません。仕事のできる人間は一刻も早く、一般就労を目指しましょう。(通所しないようにすることも重要です)

 

*一般就労と比較した場合、正反対の性質を持っています。補助金だよりの事業であるため、10年後も何も変わらないと思います。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 兵庫県の障害手帳(取得条件など)
  2. パートナー、心を寄せられる人が一人ずついればいい(障碍者向け)
  3. 支援者ができるのは一つだけ【障碍編】
  4. ショートショート『二度自信を失う』
  5. 成人してから、発達障碍の診断を受けるということ
  6. 発達障碍者に推奨される仕事
  7. 障碍者が働く(就職活動をする)ときに気をつけるポイント2
  8. リーゼを減薬した副作用及び経過

おすすめ記事

げんき

関係法令を遵守し他の社会資源との連携を図った適正かつきめの細やかな、明るく元気な、就労継続支援B型サ…

共働作業所「夢工房」

「明るく・楽しく・生き生きと」をモットーに、利用者個々人の特性に応じて、安心して、楽しく事業所を利用…

指定障がい福祉サービス事業所JOYみゆき

風車の丘あけぼの

事業所は、地域との結びつきを重視した運営を行い、市町村、保健医療及び福祉サービスを提供する機関との密…

自分の幸せすらわからない支援員が、他人を幸福にするのははなっから無理

 障碍者支援における重大な欠落事項としてあげられるのは、障碍について分からないことで…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP