就労

上司の90パーセントは部下のやる気を下げる天才

 

 「上司は部下のモチベーションを下げる(やってほしくないことばかりする)ことしかしない」

 そのように感じたことはありませんか。

 

 一つの職場で長続きしないタイプだったため、いろいろな職場を経験しました。どの職場においても共通していたのは、上司に対する愚痴でした。やってほしくないことばかりする、いい方がきつい、部下を思いやる心にかけているといった不満を耳にしました。

 

 実際に勤務していない職場においても、上司によってやる気をそがれた(ストレスをためた)という話を聞きます。多くの職場で、上司のやり方に不満を感じているのかもしれません。

 

 部下の不満がたまっていくのは、他人の感情を一ミリたりとも考えたことのない(考えられない)上司だからでしょう。以前にあげた「まこなり社長」の動画において、90パーセント以上の上司は部下の扱い方を知らないというのを見たけど、まさにその通りだと思います。部下の心境を把握できないから、モチベーションを奪う天才になってしまうのでしょう。

 

 日本では表面上の付き合いを優先するため、上司に悪いところを指摘する部下は少ないと思います。上司は部下の不満に気付かないまま、業務を遂行していることになります。

 

  やる気を下げることに力を注ぐエネルギーを持っているのなら、他の部分で有効活用してほしいと思います。そのように思っている部下は少なくないのではないでしょうか。仕事の能力よりも、こちらが上回っている上司だった場合、職場環境は最低最悪になります。

 

*一部にはやる気を引き出すタイプの上司もいると思います。そういう上司と働けたら、仕事でハッピーな気分になれるでしょう。

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 気持ちよく働ければ仕事は長続きする
  2. 障碍者が仕事をやめる理由
  3. e-ラーニングで障碍者向けのプログラムを学べる
  4. 尊敬できる上司も多い
  5. テレハラ(テレワークハラスメント)について
  6. 能力の高すぎる人は、社内でいざこざを起こす確率が高い
  7. 仕事をすることと感謝されること
  8. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている

おすすめ記事

シャローム

住み慣れた地域でその人が望む生活ができるよう、それぞれの個別支援計画を作成し、支援するとともに、利用…

カサデ さくらB

利用者の意思と尊厳を尊重し、就労の機会を提供するとともに、利用者が自立した日常生活及び社会生活を営む…

『未来予想図』―未来に不安を抱くー

未来に不安しかない。だから…どう生きたら……

クローバーセンター

利用者の人権を尊重し、安らぎとゆとりある心豊かな環境を保障する。…

ハッピーハウス

関係法令を遵守し他の社会資源との連携を図った適正且つ、きめ細やかな就労継続支援A型のサービスを提供し…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP