福祉・医療

自分の幸せすらわからない支援員が、他人を幸福にするのははなっから無理

 

 障碍者支援における重大な欠落事項としてあげられるのは、障碍について分からないことである。

後天性の障碍ならどうにかなっても、発達障碍、ADHD、LDD、統合失調症、脅迫概念などを抱えている当事者は、支援者に分かってもらえないことに不満を抱えている。

 

 障碍について分からないだけならまだ救いはあると思う。支援員は人間としてさらに致命的な欠陥を抱えている。90パーセント以上の職員はどの道を歩んでいけば、自分自身の幸せにつながるのかすら分かっていないのだ。

 

 多くの人と接してきた中で、不幸の道を一直線に突き進もうとしているのを感じた。誰も後ろから突き落とそうとしていないにもかかわらず、自分から崖下に転落してしまっている。

 

 己を幸せにすることすらできないのに、他人の幸福を呼べることは常識的にあり得ない。どのような工夫を施したとしても、最終的に利用者を不幸にするという結論に落ち着いていく。末期がんにかかった患者さながらに、処置の施しようもない。

 

 幸せになる方法を分からない支援者では支援になるのは難しい。不幸にされないためにも、己の道は己で切り開いていきたいところ。支援者は人生をよくするのではなく、不幸の巻き沿いにするための人間もいるのだと頭にとどめておこう。

 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 支援者の質を問う
  2. 障碍者施設は利用者の理不尽に耐えるのが仕事
  3. 同じ薬を複数の病院から処方されることで新しい発見がある
  4. 障碍者が一般会社で働く難しさ4
  5. 薬の副作用でアカシジアになるとどうなるか
  6. 薬の服薬、サプリメントの摂取はなるべく避けよう(実話含む)
  7. 障碍者へのアンケートを行っている市もある
  8. 天才と障碍は紙一重

おすすめ記事

TODAY

通所により就労や生産活動の機会を提供するとともに、共同作業などを通じ地域生活を実感していただきます。…

悠あい

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことが出来るよう、利用者を雇用し就労の機会を提供するとと…

開木苑

我々は、障害を持つ利用者様に寄り添い、就労を通じて自立への支援を行う。…

第1回☆世界の国と国旗(アイスランド編)

皆様こんにちは!桐谷 凛花(きりたに りんか)です。前回まで…

エー・サポート関目

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP