時事問題

罰則付きの外出制限

 

 コロナウイルス対策として、罰則付きの外出制限を検討するようだ。これまでは要請にとどまっていたので、かなり踏み込んだ内容となる。

 

 個人の私権を制限するのは反対だけど、コロナウイルスの感染力からして致し方ない部分もあるのかもしれない。わずか一人の感染で、何十人、何百人にも広がっていく威力を持っている。

 

 コロナ感染を知りながらも、バーベキューに参加し、夜行バスで帰省した女性がいた。こういう非常識な女性は厳しく処罰されるのを、国民の大多数は願っている。

 

 法律を制定するのであれば、過去にさかのぼって適用できるようにしてもらいたい。過去はよくて、未来はダメというのでは不公平だ。

 

 刑罰は軽すぎると効果がなく、重くしすぎると委縮してしまいかねない。バランスを取ったものにしてほしい。

 

 法律制定時には、心のケア及び企業への補償などもしっかりとしてほしいところ。条件だけ付けるから、あとはやってくださいでは暴動になりかねない。人間の心はロボットみたいに操ってはならない。

 

 コロナウイルスにより、日本は経験したことのない状況が作り上げられようとしている。一年後、二年後はどのようになっていくのだろうか。前代未聞の病気に振り回される日々は当分続くかもしれない。

 

*首相が罰則を検討すると発言しただけで、充分な効果を持つと思います。国民は政治家に生活を脅かされないよう、自粛を心がけていきましょう。コロナの爆発を防ぐことで、自分たちの身を守ることにもなります。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/f550400fa11f2803b1297921a3b1ebba998e48bd

@罰則付き外出制限 安倍首相「必要なら慎重に検討」(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 社会的弱者をコロナウイルスの脅威から守ろう
  2. 幼児遺棄事件
  3. コロナウイルスの広まりで市場からマスクがなくなる
  4. 有名人のマナー違反は、一般人より騒がれる
  5. 2020年7月からレジ袋有料化
  6. SNS上のデマに騙されてはいけない
  7. コロナウイルスで夏の甲子園大会中止
  8. メダルを拒否した心理を想像してみた(ラグビー)

おすすめ記事

障害者就労アカデミー

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、法施行規則第6条の9に規定する者に対して…

とまこまい地域福祉支援センター ひだまり

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、一般企業等に雇用されることが困難な利用…

障害福祉サービス事業 ワークあじさい

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

障がい福祉サービス事業所 ゆうあい

利用者が一人の人間として尊重され、その社会的自立と生きがいある生活等を実現するために就労の機会を提供…

由布の麓Rok

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP