福祉・医療

エジソンの言葉を障碍者支援に当てはめる

 

  エジソンは1パーセントのひらめきすらできないものに、99パーセントの努力を積み重ねても無駄という言葉を残しました。

 

 偉大な発言を障碍者支援について当てはめて考えてみます。1パーセントの障碍者に対するひらめきができない支援者が、99パーセント思考を巡らせたとて、利用者の立場になるのは無理です。土台に乗る以前に勝負に敗北しています。

 

 健常者は障碍についての勉強にとどまるため、正解を導き出すところまでいきません。100パーセント近い確率で的外れなことを口にし、障碍者を退職、休職に追い込んでいきます。黙っておくのがベストと思えるほどの失言を繰り返すこともしばしばです。(支援する側が気づいていないのは痛々しい)

 

 支援者からのアドバイスの特徴として挙げられるのは、病気が重くなればなるほど意味をなさないというところでしょうか。後天性で健常者に限りなく近い相談者なら有効ですけど、個性の強いタイプには全く向いていません。アドバイスというよりは虐待、拷問を課しているように映ります。

 

 普通の人間に、変わり者の育て方はわかりません。少数派だと思っている障碍者は自らのためになる書物を探し、実行していきましょう。有名人、著名人の意見は受け入れやすいタイプが多く、そちらを参考にしながら答えを見つけ出すことが一番の近道だと思います。健常者の発言については常識だけにとどめ、他は全部無視すればいいと思います。

 

 障碍者支援で感じるのは、責任の及ぶところまでは発言しません。おぼろげなアドバイスのみを行い、残りは自分で考えなさい(やりなさい)で終わらせます。無責任極まりないとしか思いません。ずるい生き方を貫く人間を信頼するのは不可能です。

 

 障碍者は人間であり、操り人形ではありません。支援者は人権を無視したかのような発言を平然と繰り返します。健常者は障碍者よりも優れているという発想からか、抑えつけようとしてきます。無意識のうちに健常者は上、障碍者は下という判断をしているのでしょうか。

 

 100年、200年が経過しても、全ての障碍者に対応した障碍者支援はできないでしょう。1パーセントのひらめきすらない健常者に、障碍者の良くなる方法を模索することは不可能です。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者施設における利用者との接し方
  2. 「共感力」は意思疎通のツールだが限界もある
  3. 三環系抗うつ薬
  4. 格差を生み出す要因
  5. 高次脳障碍がつきにくい仕事
  6. 歯は虫歯にならなくてもしみる
  7. 障碍者同士が尊重し合うのは困難を伴う
  8. 個性の強い障碍者に読んでほしい、志村けんの名言

おすすめ記事

多機能型事業所 明日の輪 就労継続支援

事業所は利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生…

太夢共同作業所

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適性且つきめ細やかな就労移行支援のサービスを提供します…

歯ブラシに固さがあるのは理由があった

 市販で歯ブラシを購入するとき、やわらかい、ふつう、かたいの3種類が売られています。…

わくワーク館

就労又は生産活動の機会の提供。 必要な時に必要なサービスの提供。 関係市町村、他の指定福祉サービス事…

就労支援センター「はばたき」

1 当事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済への参加を促進する観点から必要な訓練及び職業の提供…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP