人生

自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ

 

 障碍者と聞くと能力の劣っているイメージを持ちがちですが、実際はそんなことはありません。発達障碍、アスペルガーなどは健常者よりも遥かに高い能力を有している人もいます。

 

 健常者も努力をすれば、一定のところまでは成長します。ただ、そこで終わりです。成長の限界には勝てません。天才からいわせれば、健常者は完全なる知的障碍です。

 

 大金を稼げるスポーツ選手になるためには、才能抜きでは語れません。音楽家、芸術家なども1パーセントのひらめき(才能)を持っていなければ、努力しても大成することはありません。天性のものを持っていない時点で、負けが確定しています。

 

 一般人は一定の年収を稼ぐことはできても、やりたい職種に就くのは難しいです。生計のためだけに仕事をするなんて、あまりに悲しすぎます。自分のやりたいことして、金銭を得られるような人になりたいとは思いませんか。

 

 ストイックともいえる障碍者は自分で会社を立てて、大きくすることもできます。you tubeに動画を頻繁に出している「まこなり社長」は、創業してから10年ちょっとで400人規模の会社を作り上げました。10年後、20年後には2000人、3000人規模まで大きくしているかもしれません。

 

 織田信長にしても、障碍者だからこそ名をはせることができました。健常者なら敵に殺されて、あっけなく幕を閉じていたでしょう。並外れた能力を持っていたからこそ、生き残ることができました。

 

 やりたいように生きるためにも、日々の精進に力を入れてみてはいかがでしょうか。最初は生意気といわれますけど、地位と名声を入手することで黙らせればいいのです。才能のある障碍者はそれをできると思います。

 

*障碍者は地位と名声を手に入れることに重きを置きましょう。成功しなければ、口だけ人間になってしまいます。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 知識と経験は誰にも奪われない
  2. 障碍者支援は「営業事務職」の側面が強い
  3. 社会から問題のある社員がいなくなるのは夢物語
  4. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉
  5. ジコチューで行こう!
  6. 採用面接官が障碍者を不採用にする理由
  7. 人生は諦めの連続
  8. A型作業所にて施設外で勤務する障碍者は一般でやっていけるのではな…

おすすめ記事

日本社会福祉デザインセンター 

1.利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者総合支援法に規定する者との雇用…

喫茶ほっと

利用者が安心して日中活動を行い、主体的かつ自分らしい地域生活を送ることを支援するため、適切な活動の場…

やどかり情報館

アクセスジョブ 静岡校

利用者が事業所の一員としての役割に誇りを持ち、一般就労できるよう支援することを基本とする。…

就労継続支援B型事業所 emori

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、就労の機会を提供するとと…

新着記事

PAGE TOP