時事問題

コロナウイルス感染で志村けんさんが亡くなった

 

  芸人の志村けんさんがコロナウイルスにかかり、亡くなったと報道された。

 正月特番の芸能人格付けチェックでは、元気そうな姿を見せていた。それだけにあの世に逝ってしまったのは信じられない。70歳なので、あと5年、10年は笑顔で世間を勇気づけてくれると思っていた。

 不要不急の外出はしないように、天国に旅立った男性は天国でそのようなことをいっているのかもしれない。地上に生きている人間は、そのことを肝に銘じておきたい。失われた命は二度と戻ってくることはない。志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。

 

 政府は自粛要請ではなく、緊急事態宣言に踏み切る時に差し掛かっている。不要不急以外の外出の完全禁止を実行しなければ、ことの重大さを認識できずに、コロナウイルスを撒き散らす人間を抑制できない。コロナウイルスは自覚症状がない人も多いだけに、気づかないうちに広がっていきやすい。イタリアのように厳しく規制しなければ、ウイルスの拡散を抑止するのは難しい。

 仕事、買い物、通院だけの生活は窮屈に感じるかもしれない。そうだとしても、一人一人が自重しなければ、1カ月後には取り返しのつかないことになっていてもおかしくない。福祉施設で集団感染したように、ものごとを理解しにくい障碍者などに広がっていけば、ウイルスが一気に広まっていくことになる。

 1ヶ月の過ごし方を間違えたために、1年先の生活が窮屈になるのは避けたい。目先のことだけにとらわれず、長い目線でものごとを考えるようにしていけるといいな。

 

*他人を危険にさらすような行動は慎みましょう。

 

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6355621

©志村けんさん死去 70歳 – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 仕事をできることに感謝したい
  2. タッチパネルの注文だけで回転寿司を食べた感想
  3. 最近増えてきている「カスハラ」とは?
  4. 三菱USJがデジタル口座を導入しようとしている
  5. 8月後半なのに連日のように35度超え
  6. テニスの全米オープンで途中棄権したジョコビッチ選手を擁護する
  7. 香川県がゲーム時間を制限する条例の制定を目指している
  8. コロナウイルスの脅威はどれほどなのか

おすすめ記事

障碍者は常に理不尽を強いられる

 京都産業大学の学生が卒業旅行に出かけたことで、コロナウイルス(インフルエンザに変わ…

Compass

就労支援センターこまち

障がい日常生活及び社会生活を総合的に支援する為の法律等関係法令の理念の則、利用者が自立した日常生活又…

怖い話『カーテンの裏の子』

買い物から帰ると、子供がお友達を呼んで遊んでいました。おもちゃやお菓子を散らかし…

サポートかけはし東鳥生

・自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP