時事問題

コロナウイルス感染で志村けんさんが亡くなった

 

  芸人の志村けんさんがコロナウイルスにかかり、亡くなったと報道された。

 正月特番の芸能人格付けチェックでは、元気そうな姿を見せていた。それだけにあの世に逝ってしまったのは信じられない。70歳なので、あと5年、10年は笑顔で世間を勇気づけてくれると思っていた。

 不要不急の外出はしないように、天国に旅立った男性は天国でそのようなことをいっているのかもしれない。地上に生きている人間は、そのことを肝に銘じておきたい。失われた命は二度と戻ってくることはない。志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。

 

 政府は自粛要請ではなく、緊急事態宣言に踏み切る時に差し掛かっている。不要不急以外の外出の完全禁止を実行しなければ、ことの重大さを認識できずに、コロナウイルスを撒き散らす人間を抑制できない。コロナウイルスは自覚症状がない人も多いだけに、気づかないうちに広がっていきやすい。イタリアのように厳しく規制しなければ、ウイルスの拡散を抑止するのは難しい。

 仕事、買い物、通院だけの生活は窮屈に感じるかもしれない。そうだとしても、一人一人が自重しなければ、1カ月後には取り返しのつかないことになっていてもおかしくない。福祉施設で集団感染したように、ものごとを理解しにくい障碍者などに広がっていけば、ウイルスが一気に広まっていくことになる。

 1ヶ月の過ごし方を間違えたために、1年先の生活が窮屈になるのは避けたい。目先のことだけにとらわれず、長い目線でものごとを考えるようにしていけるといいな。

 

*他人を危険にさらすような行動は慎みましょう。

 

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6355621

©志村けんさん死去 70歳 – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 2020年7月からレジ袋有料化
  2. 西武が本拠地開催の試合で障碍者割引を行う(当日限定)
  3. 特別採用枠を求めて動き出した求職者
  4. 車椅子バスケットがパラリンピックから除外される可能性がある
  5. コロナウイルスの検査には優先順位があるのか
  6. 自分の身は自分で守ろう
  7. 罰則付きの外出制限
  8. 全国の最低賃金改定状況

おすすめ記事

みちしるべ神戸 ワークプロジェクトみかげ   

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、生産活動その他の活動の機会を通…

相談支援事業所みるく

この事業所が実施する事業は、利用者又は利用者の保護者の意思及び人格を尊重し、常に当該利用者の立場に立…

クラシック人気作曲家⑨

皆様こんにちは!桐谷 凛花(きりたに りんか)です。それでは…

陽だまりのCoCo

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利用…

コミュニティキッチン

生産活動の機会を提供し、障害をお持ちの方が、いきいきと働く場所・役割を提供する 1 就労に必要な知識…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP