時事問題

香川県が依存症対策としてゲーム時間を制限する条例を可決

 

 香川県で、18歳未満のゲームの利用時間を制限する法律が可決されました。当初はスマートフォンも含まれていましたが、住民からの反発を受けてコンピュータゲームのみが対象となりました。

 ネット・ゲーム依存症対策条例は、4月から施行されることになっています。違反しても罰則などはなく、家庭の自主性に任せられることになります。

 ゲーム依存はWHOで依存症リストに加えられました。そのことを受けて、条例を制定したものだと思われます。前例がないだけに、画期的、行政が暴走したという二つの印象を受けます。

 

・日本におけるゲーム依存の現状

 日本のゲーム依存率は高く、10~20代では20パーセントくらいの人間が平日に3時間以上プレイしています。休日になると35パーセント程度まで跳ね上がります。平日に6時間以上という人もいるようです。

 ゲームのプレイ時間が長い人ほど、やめたいときにやめられない、他の活動への興味関心がさがっていることから、日常生活に影響を及ぼしているといえるかもしれません。

 ソシャゲでランキングを上げるために、1日に18~20時間プレイするプレイヤーもいます(24時間体制と思われるIDもある)。睡眠よりもゲームを優先する生活になってしまっています。

 

・条例可決による今後の影響

 他の県においても、ゲーム条例を儲けようという動きが活発になるかもしれません。秋田県大館市においても似たような条例の制定に動き始めました。大阪府においては、生徒・児童に対するガイドラインを各市町村教育委員会に発行しているようです。

 

 条例を制定することで、香川県民のゲーム離れは加速していくのでしょうか。個人として今後の推移を見守っていきたいと思います。

 ゲームを辞めることで、他のことに興味をもてるのであれば悪いことばかりではないのかもしれません。他人と触れ合う機会を増やすことで、依存から脱却するプレイヤーが増えることを切に祈ります。

 

 

*以前にゲーム法案の記事を書きました。そちらも併せてみていただければ幸いです。

香川県がゲーム時間を制限する条例の制定を目指している

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 余った牛乳、パンを持ち帰る
  2. 規制をかけ過ぎ
  3. 路線バスの低迷で地方の足が消えていく
  4. 品切れの商品を目にしたら購入する心理
  5. コロナウイルスの広まりで市場からマスクがなくなる
  6. 女子軟式野球設立の動き
  7. コンビニのおでんの方向性が変わる
  8. 自分の身は自分で守ろう

おすすめ記事

ファームパーク伊都国 即売会

利用者が自立した日常生活・社会生活を営むことができるよう、ビジネスマナー・接客スキル訓練及び生産活動…

ひかりと大地

利用者と雇用契約を締結し、障害者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切且つ効果的に行うものとする。…

松江さくら会

内子町障害者地域活動支援センターかいと

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように配慮。利用者の選択に基づき、状況を加味し…

杉の子

1 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されるこ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP