未分類

広汎性発達障碍でよかったと思えること

 

 広汎性発達障碍に生まれてよかったと思うことが一つだけあります。それは他の人と同じ苦しみを共感しやすいことです。

 広汎性発達障碍(個人差あり)はできること、できないことが極端な性質があります。そのため健常者よりも、他の人の苦しみについて深いところまで理解することができます。整理整頓がまったくできない(やってもできないことを意味する)、能力が高いからこそ苦労するといった話は一般人には切り出せない話です。多くの人が突き詰めにくいところまで、話を広げることで他者の心を惹きつけていきます。

 趣味などが共通しているというのも親しくなる要因になりますが、苦しみを共感することからすればちっぽけなレベルです。人間には自分の一番苦しいところを分かってほしいという性質があり、その知識を持っていると、対人関係において圧倒的な差をつけることができるように感じます。

 筆者は空気を読む、適切な発言をすることは不得手です。それにもかかわらず、異性から興味を持ってもらえたのは、鋭さにあるような気がしてなりません。(振り返ってみると、絶対に許されないこともしました)

 自分を苦しめた発達障碍ですが、悪い側面ばかりではなかったのかもしれません。ある部分においては、一般人より生きやすい人生を送っているように思うこともあります。

 全部がマイナスではない。そう思うことで障碍は悪いものではない、と頭を切り替えられるのではないでしょうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者が働く(就職活動をする)ときに気をつけるポイント2
  2. 吉野工場
  3. 112歳まで生きるということ
  4. 北愛館
  5. 障碍者はいじめに遭いやすい
  6. 大阪市立舞洲就労支援所
  7. 五所川原リハビリ倶楽部
  8. A型の男性とよりを戻したいと思う女性へ

おすすめ記事

就労継続支援B型事業所フォロー

利用者の心身の状況に応じて適切な支援を行う。  地域との結びつきを重視し、他機関と連携してサービスを…

「自粛、自粛」と呼びかけるだけでは意味がない

 コロナ自粛が呼びかけられているものの、人の流れは以前と変わらなくなりました。 …

多機能型事業所 コーズ

幸 ‘s =全ての人の幸せのために 「人を幸せにする」には、先ずは自らが「幸せ」でなければいけません…

多機能型事業所 明日の輪 就労継続支援

事業所は利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生…

やらんまいけ富山

私たちは、やさしさと愛情をこめた製品造りを通して、地域とともに笑顔あふれる豊かな社会作りに貢献します…

新着記事

PAGE TOP