時事問題

全国の最低賃金改定状況

 

 10月(施行日は都道府県によって異なる)から最低時給が上がる。47都道府県の最低時給は以下の通りとなっている。

北海道

861

青森

790

岩手

790

宮城

824

秋田

790

山形

790

福島

798

茨木

849

栃木

853

群馬

835

埼玉

926

千葉

923

東京

1013

神奈川

1011

新潟

830

富山

848

石川

832

福井

829

山梨

837

長野

848

岐阜

851

静岡

885

愛知

926

三重

873

滋賀

866

京都

909

大阪

964

兵庫

899

奈良

837

和歌山

830

鳥取

790

島根

790

岡山

833

広島

871

山口

829

徳島

793

香川

818

愛媛

790

高知

790

福岡

841

佐賀

790

長崎

790

熊本

790

大分

790

宮崎

790

鹿児島

790

沖縄

790

 最高は東京の1013円、最低は790円(多数)となっている。

 東京と神奈川では全国初の1000円越えとなった。大阪も950円を超え、1000円をうかがう勢いとなっている。

 来年も最低時給が上がれば、全国で800円を超える。収入が増えることで、消費税10パーセントを緩和できるといいな。

 労働者の生活が少しでも裕福になることを願ってやまない。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 【海外ニュースウォッチ】web3とブロックチェーン技術の可能性と…
  2. 藤井聡太さんが史上最年少五冠を達成
  3. コロナ自粛は別の意味の危険性を伴う
  4. 育成選手から這い上がれるか
  5. 休場を続ける横綱を強制的に引退させる制度が必要
  6. 冬にもかかわらず春のような陽気
  7. 【海外ニュースウォッチ】中国経済の減速とインフレ緩和【第十九回】…
  8. 暖冬が日常生活に与える影響(主は水不足)
PAGE TOP