健康

112歳まで生きるということ

 

世界一の長寿としてギネスに載っていた、男性が112歳で死亡したとニュースになった。12日前に世界最高齢となるも、病気により生涯の幕を閉じることとなった。

 人生80年といわれるようになった日本においても、112年間も生きるのは容易ではない(日本の100歳越えは約70000人で88パーセントが女性)。周囲のサポートもさることながら、本人の努力の賜物といえるのではなかろうか。健康に人一倍気を配ってきたからこそ、ここまで生きることができたように思える。

 筆者は何歳まで生きられるのかはわからない。40歳であの世に旅立っているかもしれないし、90歳まで生きている可能性もある。寿命については天のみが知っている。 

 確率は0.1パーセントもないと思うけど、世界最高記録を更新したとしよう。(wikiの検索で255歳)そのときはゴキブリ並みの生命力を思いっきり自慢したい。残り人生も短いことから、これくらいの我儘はきいてもらえるように思う。

 医療が進めば前人未到の300歳も現実味を帯びる。人間は発達した医療によって、どこまで寿命を延ばせるのだろうか。人間の限界にとことん挑戦してほしいと願ってやまない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 京阪電車のダイヤ改正後2
  2. 犬と猫を一緒に飼うポイントと注意点①
  3. 【犬が食べても良い野菜】
  4. 結婚後の浮気率
  5. マウントを取る人からは逃げよう
  6. 毎日のように夢を見る人っていないだろうか
  7. 最近の流行【ファッション編】
  8. 精神安定剤を服薬中に事故を起こすと罪が重くなる

おすすめ記事

無料で本や雑誌が手に入るリサイクル図書

 『リサイクル図書』とは、公立図書館の蔵書の中で古くなったり不要になったりした『本・…

ライフリズム

就労継続支援B型事業所TODAY亀岡

小径タイヤ(ミニベロ)自転車を使う時の注意点

 小径タイヤ(ミニベロ)自転車とは、タイヤの大きさがだいたい20インチ以下の自転車の…

指定障害福祉サービス事業所ハーモニィ

この法人は、社会的に弱い立場に立たされている知的障害者が、地域の中で地域の方々の優しさに包まれ、一人…

新着記事

PAGE TOP