福祉・医療

障碍者へのアンケートを行っている市もある

 

 福祉に関する調査のためのアンケートが自宅に送られてきた。対象者は昨年の12月現在で、障碍者手帳を取得している当事者から無作為に選んでいるようだ。全員ではないことから、たまたま選ばれたことになる。(筆者尼崎に住んで6年くらいになるけど、質問が送られてきたのは初めてである)

 回答については無記入なので、誰が書いたのかはわからないようになっている。名前を伏せることで、率直な意見を聞けるようにしている。

 質問項目は障碍の種別(程度を含む)、就職状況(一般、作業所などの項目あり)、就職していないのであればどうしているのか、あなたにとって働きやすい職場ですかといった内容が用意されていた。尼崎市手話言語条例、生涯学習活動を知っているのか、現状の要望といった質問も含まれていた。

 基本的には選択式で、自分で記入できる部分は少なかった。障碍に対する意見を取り入れたいのであれば、ここを充実させてほしかったと思う。 

 障碍者施策の取り組みはこのような方式で行われている。少しずつではあるけど、当事者の意見に耳を傾けるシステムが構築されようとしている。

 

*筆者は尼崎出身者のアンケートを記しています。他県では異なることを予めご了承ください(寝屋川に住んでいたときは一度も送られてこなかったので、行われていない可能性もある)

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 視覚障碍者向けのB型作業所の紹介
  2. 特例子会社を検討してみてはいかがだろうか
  3. 病院の待ち時間について
  4. 交通費を支給される就労移行事業所もある
  5. 成功するのに必要なのは才能よりもストイックさ
  6. エジソンの言葉を障碍者支援に当てはめる
  7. 精神科であったやり取り
  8. 健常者と障碍者は異なる部分が多い

おすすめ記事

相談支援事業所 木もれび

三協セルフサポート

トラストワークス 美作事業所

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するとと…

就労移行支援事業所 あすた足立

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、私どもが考えた支援プログラム及び利用者の…

エコーンファミリー朝陽事業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者に対して個別支援計画に基づいて…

新着記事

PAGE TOP