福祉・医療

就労移行で聞いておきたい質問

 

 就労移行から一般就労する確率はおおよそ30パーセントといわれる。2年間の訓練を積んだとしても、3人に2人は一般就職に繋がらないのが実態だ。

 インターネットにて身体障碍者が一年程度、コミュニケーションに問題のない精神障碍者、発達障碍者が一年間程度で就職し、他の障碍については厳しいという意見を述べていた。知的障碍者は就労移行を利用しても、就職は難しいのかもしれない。(高卒以上の事務などはほぼ無理)

 私が就労移行で聞いておいたほうがよいと思うのは、就職率がどれくらいあるのかということ。平均より高い移行施設なら胸を張って応えてくれるだろうし、一人も就労できない事業所は言葉を濁すはずだ。ダイレクトすぎるので遠慮しがちだけど、就職率は一番の判断材料となるため絶対に聞いておきたいところ。

 なお、3割程度は一人も就職者を出していない。(補助金詐欺まがいを続けている)約1/3にあたるので、決して低い数値ではない。人生を棒に振らないためにも、慎重に見極めるようにしたい。

 就労移行は今後の人生を左右しかねない場所になりうる。就労移行からあなたの人生が好転することを祈る。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者、健常者の苦しみは異なる
  2. 障碍者はどのような分野に就職するのか
  3. 障碍者として生まれたために失ったもの
  4. ハンデを抱えたことを嘆かないように(ピアノ)
  5. 精神安定剤はアルコール、ニコチン中毒と同じで依存しやすい
  6. 発達障碍の一部は雑学博士
  7. 知的障碍の生きにくさ
  8. 子供の個性が強い(障碍者を含む)親御さんへのメッセージ

おすすめ記事

ワークス大久保

わーくあぐり

就労継続支援B型 かおり園

利用者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行う。利用者の必要な時に必要な…

オンリーワン

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供すると共に…

才能のある人は無自覚に人を傷つける

  才能のある人は第三者を無自覚に傷つける、わずか27文字ですけど、社会の構造をはっ…

新着記事

PAGE TOP