福祉・医療

障碍者が一般会社で働く難しさ3

 

『障碍者が一般で働く難しさ(続編)』

 

11.周りの評価を気にしすぎる

 過去の失敗がある場合は顕著になりやすい。自分らしくいられないことで、心身を壊していく当事者は少なくない。

 

12.場にそぐわない言動で評価を下げる

 空気を読むのを苦手としているため、そこで苦労する当事者は少なくない。

  それにもかかわらず、話したいという気持ちを抑えられないことで苦労する。

 

13.注目を浴びることもある

 こちらは距離を取られるのではなく、接近されすぎるパターン。一般人にないものを持っていた場合、ストーカーまがいのことをされることもある。

 

14.職種の制限が大きい

 発達障碍なら介護職、運転などは難しい人がいる。知的障碍なら、高卒以上となっている事務職につけない。身体障碍者は重量物の運搬は不可能。

 精神障碍は就職率は増えているものの、偏見が根強いことも事実である。

 

15.自己中心的だと思われる

 自分の意見を主張しすぎるあまり、自己中心的だと思われることも少なくない。

 

*続編4に続く

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. 高次脳機能障碍者向けの就労移行支援事業所
  2. 精神安定剤を服薬中に事故を起こすと罪が重くなる
  3. 障碍者の多くは距離感を改善した方がいい
  4. 地元の名産である(五島手延べうどん)に特化したB型作業所の紹介
  5. 精神安定剤の服薬をやめよう
  6. ふるさと納税のお礼として届ける「水耕ニンニク」を自家栽培するA型…
  7. 退職した会社から電話
  8. 障碍者支援とは障碍者を論評するだけの場になってしまっている
PAGE TOP