時事問題

節分に恵方巻を食べる理由

 

 節分に恵方巻を食べる家庭も多いのではないでしょうか。

 どうして食べるようになったのかというと、 商売繁盛や無病息災を願ってそのようにしたようです。縁起を担いだのかもしれません。太巻きを逃げた鬼が忘れていった金棒(鬼の金棒)に見立てて、鬼退治と捉える説もある。こちらなら節分に豆をまくのと重なります。

 恵方巻は元々、関西が主流とされていましたが、セブンイレブンが1998年に全国的に展開したことで関東にも広まっていきました。(ケンタッキーが仕掛け人となった、クリスマスのフライドチキンよりも普及したのが遅いことになります)

 恵方巻の具は7種類であることが多いです。(七福神にちなんでいます)具には特段決まりはなく、鮭、うなぎ、かんぴょう、きゅうりなどが用いられます。地域によっては恵方巻の具材が7種類でないこともあります。

 恵方巻を食べる際は無言で食べるようにしましょう。話したりすると福が逃げるという言い伝えがあります。切らずに食べることで「縁を切らない」という意味合いがあるため、かぶりつくようにしましょう。願い事を頭で思い浮かべながら食べるのがよいとされています(他にも方法はあり、正解はないようです)。

 ゲンを担ぐためにも恵方巻を食べてみてはいかがでしょうか。お祭り気分を味わえるかもしれません。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. テレワーク導入はコロナウイルスの蔓延を助長するリスクもある
  2. コロナウイルスで障碍者解雇増加
  3. 車の免許更新について
  4. 痴漢は女性の心を傷つける
  5. 京阪の快速急行に「プレミアムカー」導入
  6. 初恋の人とはなかなか結ばれない
  7. 主張の強い者は他人の感情を粗末に扱う
  8. 幕下で6勝1敗力士同士の優勝決定戦が行われる(2021年1月場所…

おすすめ記事

就労支援センターTBC宇都宮

就労移行支援事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、2年間にわたり、…

就労支援センターZAC

この事業所は、法人の定める定款第3条の目的「障害者の就労を総合的に支援し、職業的および社会的自立の促…

ヘレン

指定就労継続支援B型の事業は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、通常の事…

指定就労支援事業所 つばさA型

高槻地域生活支援センターオアシス

事業所は、利用者が地域において自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、保健、医療、福祉…

新着記事

PAGE TOP