福祉・医療

漢字を書けなくとも履歴書を作成できるという話に感動した

 

 障碍者同士の交流会に参加した。

 知的障碍を患っているゆえに、漢字を書けない利用者がいた。中学生レベルになると全く読めないようだ。知的障碍は原則としてIQ70以下なので、中学生レベルのことを理解できる人は少ない。

 そのようなハンデを抱えているにもかかわらず、履歴書を手書きしているといっていた。書けない字をどうするのと質問すると、「支援者が準備した見本(パソコンで印刷)の履歴書を映し書きすればいい」とさらりといってのけた。 

 読めない文字を清書する場合、細かい部分まで見なければならず、かなりの手間を要することになる。一、二文字ならまだしも、一〇文字ともなるとやる気をそがれてしまいかねない。

 知的障碍ともなるとわからない漢字はもっと増える。それにもかかわらず、履歴書を手書きするというのだから相当な根性、精神力の持ち主といえよう。通常は途中で諦めるか、誰かに清書してもらうのどちらかの選択肢を取る。自分でやるという発想にはなかなかいきつかない。

 ハンデを抱えていたとしても、ものごとに前向きに取り組もうとする。感動的な話は、一生胸にとどまるだろう。知的障碍者よりも能力を有している人間として、もっと頑張らなければならないと考えを改めさせられた出来事であった。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. A型、B型作業所から一般就労しようと思う利用者が取る行動
  2. 土、日もオープンしている支援機関もある
  3. 佐藤優, 池上和子『格差社会を生き抜く読書』(ちくま新書):ケア…
  4. 仕事のヒントになるサイト
  5. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか
  6. 鍼治療を受けてみた感想
  7. 初診のオンライン診察解禁(精神科のサイト付き)
  8. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…

おすすめ記事

金浦療護園相談支援事業所

地域で生活する、単身等の障害者に対し緊急に支援が必要な事態が発生した際に対応できるように、常に連絡が…

ももっ子くめなん

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供する…

サポートセンターはま風

『大切な場所』

楽しいだけじゃないけど…それでも…笑顔で居ら…

愛育会地域生活総合支援センター

利用者の立場に立った適切かつ円滑な一般相談支援を提供する事を目的とし、利用者の意向を踏まえ自立した日…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP