エンタメ

高校サッカーにはスーパーシード制がある

 

 高校サッカーでは地区予選を勝ち抜いた、48校(東京は2校)が全国大会に出場する。

 高校野球などではシード校は、2回戦(一部では3回戦から)の大会に参加する。試合数が少ない分、選手のコンディションを管理しやすい。(公式の試合勘がつかめていないために、初戦で敗退するチームも存在する)

 高校サッカーの地区予選においては、野球では到底考えられないようなシード校が存在する。所属チームの選手が日本代表に選ばれた場合、スーパーシードとして扱われる。(地区予選と代表選手の試合が重なるための措置)大半のチームが一回戦から登場する中、準決勝から大会に参加する。(2019年度の予選においても存在した県がある) 

 長崎県では国見高校が強かった時代、決勝戦から登場というトーナメントが組まれたことがある。(地元開催で長崎県が二つ出場でき、もう一つを平等に決めるために採用されたといわれる)どんなに強かったとしても、決勝戦からの登場は優遇しているといえる。(試合は5-0で国見が勝利しており、スーパーシードの面目を保った)

 話はそれるけど、筆者の地方においてもスーパーシード制が存在した。女子バスケットであるチームが突出していたため、13チームでベスト4から登場していた(他のチームは一回戦から)。トーナメント表を見たときは顎が外れそうなほどの衝撃を受けた。

 チームの強さなどによってスーパーシード制を導入する。皆さんは賛成、反対のどちらの意見をお持ちですか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 完成したガンプラをもっとカッコよくするアイテムをご紹介!
  2. ちびまる子ちゃんのナレーション役が降板
  3. やらせ番組終了について考える
  4. 仕事のヒントになるサイト
  5. 野球にはスイッチピッチャーもいる
  6. Jリーグについての簡単な説明
  7. 女子の高校野球が甲子園で開催されるかもしれない
  8. 夏にオススメ!ホラーゲーム3選!

おすすめ記事

ワンステップぼちぼち

障害者総合支援法等関係法令の理念に則り、利用者の自立と社会経済活動への参加を促進するために、通所によ…

多機能型事業所あにまーと

のぞみ事業所

のぞみ事業所は、パン・洋菓子の製造、販売を通じて、障がいのある方が一般企業への就労や、自立生活の実現…

L.win

多機能型事業所らいぶ

運営規定に準ずる…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP