人生

誰かのためではなく自分のために頑張る

 

 他人に何かを指示されたとき、面倒だと思うことはないだろうか。

 第三者のためにやっているのではなく、自分のために頑張っていると思ってみると面白い。人間という生き物は他人のために動くのは苦痛に感じても、自分のためだと思うと途端に頑張れるようになる。同じことがらであっても、考え方ひとつで大きく変わることとなる。

 勉強、仕事などはそういった一面が強いような気がする。自主的にやっている、教師や上司からやらされていると感じるのでは吸収力がまるで違う。どうせ同じことをするのだから、前向きにとらえてみよう。

 発想の転換はすべてに当てはめる必要性はない。10個のうちの1つだってかまわない。どうしても受け入れられないことがあったとしても、自分を責める必要性はどこにもない。脳を捻じ曲げすぎると、躁鬱などを発症するリスクが上昇する。無理のない範囲内でやっていこう。

 成長、経験は誰にも阻害されない領域。自分の人生を良くするためにも、力を入れてみてはいかがだろうか。切羽詰まったとき、自分を救えるのは自分しかいない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 皆さんの叶えたい願いは何ですか?
  2. 【夢の種類と意味】№3
  3. 人間としてふさわしい生き方
  4. エリートは苦労知らず…? 馬鹿な事言うな!!
  5. 平凡が幸せへの近道
  6. 格差を生み出す要因
  7. 自分と真摯に向き合おう
  8. 束縛、執着心は人生を狂わす

おすすめ記事

自立サポートセンタースマイル

利用者等が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健・医療・福祉・就労支援・教育等の関…

ワークセンターぴぽろ

利用者が自立した日常生活又は、社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

こぐまくらぶ舞子坂

オーダーメイド

1、就労の機会を通じて、生産活動に関する知識や能力の向上が期待される者で、就労移行支援事業等に  よ…

地域生活支援センター希望ヶ丘

新着記事

PAGE TOP