人生

誰かのためではなく自分のために頑張る

 

 他人に何かを指示されたとき、面倒だと思うことはないだろうか。

 第三者のためにやっているのではなく、自分のために頑張っていると思ってみると面白い。人間という生き物は他人のために動くのは苦痛に感じても、自分のためだと思うと途端に頑張れるようになる。同じことがらであっても、考え方ひとつで大きく変わることとなる。

 勉強、仕事などはそういった一面が強いような気がする。自主的にやっている、教師や上司からやらされていると感じるのでは吸収力がまるで違う。どうせ同じことをするのだから、前向きにとらえてみよう。

 発想の転換はすべてに当てはめる必要性はない。10個のうちの1つだってかまわない。どうしても受け入れられないことがあったとしても、自分を責める必要性はどこにもない。脳を捻じ曲げすぎると、躁鬱などを発症するリスクが上昇する。無理のない範囲内でやっていこう。

 成長、経験は誰にも阻害されない領域。自分の人生を良くするためにも、力を入れてみてはいかがだろうか。切羽詰まったとき、自分を救えるのは自分しかいない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 【夢の種類と意味】№1
  2. 貴方は、統計学を知っていますか?魅力溢れる統計学に触れてみて欲し…
  3. 社会から問題のある社員がいなくなるのは夢物語
  4. 【こんな男性は嫌だ!】絶対に付き合いたくない…関わりたくない! …
  5. 仕事に行きたくない時、どうやって自分を鼓舞している?
  6. 他人の感情がわからない7つのパターン
  7. マシンガントークの傾向がある人
  8. 太陽ノック

おすすめ記事

さなえステーション

利用者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療…

相談支援事業所 はーとポケット

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営めるように当該利用者との連絡体制を確保し、障害の特性に起因し…

なおみの会共同作業所 第2作業所

事業所は、障害者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする。 2…

南区第3障がい者基幹相談支援センター

利用者が、地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、事業者が利用者に対して必要…

相談支援事業所 むつみ

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP