就労

発達障碍者に推奨される仕事

 

 発達障碍者が企業で長続きしにくいのは、脳に反する命令を送る機会が一般と比べて多いからかもしれません。

 今回は広汎性発達障碍で考えます。能力値がでこぼこであるため、一般のスピードに合わせようとすると、余計なエネルギーを消耗することになります。(高い場合は合わせなければならないし、低い場合はあわてなければならない)自分のペースでやることができないため、一日、一週間なら大丈夫だとしても、蓄積するとダメージは大きくなっていきます。

 広汎性発達障碍が職場で長続きしたいと思うのであれば、一人でやる仕事(タイピング、入力作業など)を推奨します。自分のペースで仕事できることによって、持続性を高められる可能性があります。流れ作業などで他人に合わせる作業は、不向きである確率が高いでしょう。

 交友関係は無理に作らないほうがよいでしょう。仕事はお金をもらう場所だと割り切り、必要最小限でとどめておくのがベターです。対人関係でつまずくと、仕事をきっちりとこなすのも難しくなってしまいます。職場は基本的に友達を作る、恋愛をする場所ではありませんので、距離を縮める必要はどこにもありません。

 

 まとめ(発達障碍が向いているといわれる仕事)

*小説家、画家などといった一芸を要する職業

*プログラマー

(注)個々の能力に応じて、一人でやる仕事がいいでしょう。

自分にあった仕事を探すことで、長続きするのではないかと思います。自分の能力を一回見直してみましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. ショートショート『二度自信を失う』
  2. A型作業所、B型作業所、就労移行支援にすぐに通所できるようにして…
  3. 障碍者支援とは障碍者を論評するだけの場になってしまっている
  4. 自分にあったデイケアを見つけよう
  5. 「自立支援医療」について
  6. 依存症への精神科医の拒否感は強い
  7. 医療関係者は国家試験に合格する前提で採用されている
  8. 福祉施設の倒産が増えている

おすすめ記事

アウル

人口知能システム開発(下請け)、不動産サイト情報のデータ入力作業など、取引先ニーズを的確にとらえた集…

みんと

利用者が自立した日常生活を営めるよう意向、適性、障害特性をふまえた支援計画を作成し、サービスの提供を…

ソーシャルファームエッグス

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適正、障害の特性その他の…

就労支援事業所 ポテトクラブ

ノア

特定非営利活動法人が設置するノアにおいて実施する指定障害者福祉サービスの就労継続支援A型の適正な運営…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP