時事問題

教師の採用方法を変えた方がいい

 

 教師による体罰が相次いで報道されている。

 公務員試験では筆記試験の後に面接を行う。筆記試験の段階で、人間性のいい(教師に向いている)大人は弾かれ、知識に偏った人間が集まることになる。面接試験で誰を採用したところで、

教師の質が上がることはない。

 個人的な意見だけど、頭がいい(クラスで力を誇っていたものを含む)人間というのは、社会の場で問題を起こしやすい。幼少期から力で抑えつけてきた習慣が抜けず、生徒を暴言、暴力によって封じ込める。そこまではいかなくとも、他人の感情をないがしろにする人間が多くを占める。 

 人の上に立つ以上、最低限の学力を必要とされるのは紛れもない事実。灘校といった超一流の教師は、一般人が解読できないような問題を解けなければ務まらない。学力の低すぎる人間を、不採用にするのは当然のことといえる。

 最低限の学力は必要としても、頭のいい人間を順番に集めていく必要性はない。面接試験で教師にふさわしいかをチェックしたあとに、筆記試験を実施すればいいのではなかろうか。そうすることで、暴力教師を減らしていけるだろう。

 大人の姿を見て子供は育っていく。人間性に問題のある教師が教壇に立つことで、問題のある人間が増えていくのは避けたいところだ。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 頑張る、努力するという概念を捨てよう
  2. 特定給付金詐欺に気をつけよう
  3. 京阪電車の快速特急、特急の所要時間短縮
  4. 現代社会は最強に生きにくいかもしれない
  5. 香川県が依存症対策としてゲーム時間を制限する条例を可決
  6. 京阪電車では、特急から快速急行に乗り換えるダイヤが存在していた
  7. 三段目の響龍が死亡
  8. 12月にしては異例の大雪

おすすめ記事

チャレンジビラ

利用者の方の物心両面の幸せのために、心を清く、尊く、強く、正しく持てるように導く…

さんらいず

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

多機能型事業所あすか

自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう就労や生産活動の機会の提供を通じて、一般就労に必要…

サン・ネット

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができる様、障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支…

相談支援センター YOU−ねっと

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP