福祉・医療

障碍者枠はブランクよりも能力を重視することもある

 

 ブランクは長いものの、実力はピカイチの人がいた。学歴も普通の人では到底無理な経歴を持っていた。

 タイピングのスキルも他者の追随を許さない実力を誇っていた。1分間で400~450文字というスピードを誇った。他のことも学歴にふさわしく、非凡な才能を持っていた。

 専門援助部門ではハローワークにて、自分の実績をアピールする欄がある。企業が書かれた内容に興味を示した場合、スカウトすることがあるようだ。(専門援助部門の担当者曰く、滅多にないといっていた。筆者も六年くらい登録していたけど、一度も引っかかることはなかった)

 ピカイチの実力を持った利用者が、それに引っかかったという話をしていた。ブランクの期間が非常に長い(年齢もそれなり)にもかかわらず、企業が興味を示すということは、障碍者枠では能力重視の傾向があるのかな思った。基本的にブランクが生じるほど、不利になる傾向があるという、一般枠の概念は通用しないのかもしれない。

 ブランクがあったとしても能力次第でどうにかなる。才能があるのであれば、就職活動に一生懸命取り組んでみてはどうだろうか。過去の穴を埋める好機をみすみす逃すのはもったいない。 

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. A型作業所にて施設外で勤務する障碍者は一般でやっていけるのではな…
  2. 障碍者施設ではどのようなことを行っているのか
  3. 支援の充実している就労移行支援事業所の紹介
  4. A型作業所、B型作業所、就労移行支援にすぐに通所できるようにして…
  5. 発達障碍プロジェクト(発達障碍者向けサイト)
  6. 発達障碍は、一般人と同じ生き方が不可能
  7. 結果主義は障碍者にとって生きにくい
  8. 精神安定剤のリーゼを減薬する方法

おすすめ記事

松永作業所

①自立支援・利用者主体 利用者一人一人が自分らしく生活することができるよう、利用者の意思及び人格を尊…

みらい工房

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会…

ぶどうの木

利用される方お一人お一人を尊重する精神を貫き、利用される方が心身ともに健やかに生活され、又その能力と…

いそひと・リンクビー大手町

愛生園指定相談支援事業所

障害者総合支援法に基づき、利用者の意思決定と選択を尊重すると共に基本的人権を擁護し、個人の多様な特性…

新着記事

PAGE TOP