福祉・医療

障碍者枠はブランクよりも能力を重視することもある

 

 ブランクは長いものの、実力はピカイチの人がいた。学歴も普通の人では到底無理な経歴を持っていた。

 タイピングのスキルも他者の追随を許さない実力を誇っていた。1分間で400~450文字というスピードを誇った。他のことも学歴にふさわしく、非凡な才能を持っていた。

 専門援助部門ではハローワークにて、自分の実績をアピールする欄がある。企業が書かれた内容に興味を示した場合、スカウトすることがあるようだ。(専門援助部門の担当者曰く、滅多にないといっていた。筆者も六年くらい登録していたけど、一度も引っかかることはなかった)

 ピカイチの実力を持った利用者が、それに引っかかったという話をしていた。ブランクの期間が非常に長い(年齢もそれなり)にもかかわらず、企業が興味を示すということは、障碍者枠では能力重視の傾向があるのかな思った。基本的にブランクが生じるほど、不利になる傾向があるという、一般枠の概念は通用しないのかもしれない。

 ブランクがあったとしても能力次第でどうにかなる。才能があるのであれば、就職活動に一生懸命取り組んでみてはどうだろうか。過去の穴を埋める好機をみすみす逃すのはもったいない。 

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 自殺者数が減少傾向にある
  2. アルコール依存から脱却するのを目的とした福祉事業所
  3. 障碍者が一般会社で働く難しさ5
  4. 自分と真摯に向き合おう
  5. 就労移行で聞いておきたい質問
  6. 障碍者にとってのテレワークの良さ
  7. 障碍者の生涯工賃と比べてみた
  8. 発達障碍に向く仕事、向かない仕事

おすすめ記事

アークスワーク

のぞみ

個人の尊厳の保持を旨とし、利用者が心身とも健やかに育成され、その有する能力に応じ自立した日常生活を営…

みち工房

就労支援事業所 つめ草

goody

適正な運営を確保するために必要な人員及び運営管理に関する事項を定め、相談支援事業等の円滑な運営管理を…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP