人生

ヒーローになれない凡人は、敵対しない道を選ぶ

 

 人間の行動としては正解だとしても、社会全体においては間違っている。そのようなことは珍しくない。

 幼少期にいじめを目撃したとする。本来なら止めるべきだけど、力がないのであれば関わらない方が無難。自分がターゲットになってしまいかねない。保身のために、見て見ぬふりをしておくのがベターな選択といえる。クラスでいじめが問題になったとしても、知らんぷりしておくのが最善だ。

 社会の場ではより顕著になる。上司の指示が明らかに間違っているとしても、基本的には耳を傾けておいたほうがよい。下手に逆らおうものなら、居場所を失ってしまう。人間という生き物は正解、不正解ではなく己のプライドで判断する傾向がある。

 依頼先から仕事を受けたとする。ときには完全に間違っているということも起こりうる。誤りを発見したとしても、訂正しない方がよい。下手に手を加えてしまうと、忠実ではないと非難されかねない。

いわれた仕事をこなすことだけに専念すればいいのだ。

  一番分かりやすいのは内部告発。社会的には正しくとも、会社に大ダメージを与える。正義であるはずのことが、完全なる悪になってしまう。自分の職を失うことにもつながる。

 基本的に人間界というのは間違いだらけで成り立っている。その部分を気にせずに生きていくことが重要なのかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 正論よりも生きたいように生きる
  2. 遺産相続で、もめないために
  3. 京阪電車における変則運用
  4. 車の免許更新について
  5. A型の男性とよりを戻したいと思う女性へ
  6. 若者の語学力が低下している
  7. 他人との距離を取る人の心理
  8. 他人の評価を落とし続ける人の特徴

おすすめ記事

ルミエール

運営規程による…

彩葉作業所

適切な環境と管理のもとに、利用される方お一人お一人の能力と特性に応じた支援を行い、福祉的就労の場、日…

相談支援事業所こすもす

1.利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の身体その他の状況及び置か…

多機能型事業所 心里

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支…

相談支援ふらふ

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP