人生

ヒーローになれない凡人は、敵対しない道を選ぶ

 

 人間の行動としては正解だとしても、社会全体においては間違っている。そのようなことは珍しくない。

 幼少期にいじめを目撃したとする。本来なら止めるべきだけど、力がないのであれば関わらない方が無難。自分がターゲットになってしまいかねない。保身のために、見て見ぬふりをしておくのがベターな選択といえる。クラスでいじめが問題になったとしても、知らんぷりしておくのが最善だ。

 社会の場ではより顕著になる。上司の指示が明らかに間違っているとしても、基本的には耳を傾けておいたほうがよい。下手に逆らおうものなら、居場所を失ってしまう。人間という生き物は正解、不正解ではなく己のプライドで判断する傾向がある。

 依頼先から仕事を受けたとする。ときには完全に間違っているということも起こりうる。誤りを発見したとしても、訂正しない方がよい。下手に手を加えてしまうと、忠実ではないと非難されかねない。

いわれた仕事をこなすことだけに専念すればいいのだ。

  一番分かりやすいのは内部告発。社会的には正しくとも、会社に大ダメージを与える。正義であるはずのことが、完全なる悪になってしまう。自分の職を失うことにもつながる。

 基本的に人間界というのは間違いだらけで成り立っている。その部分を気にせずに生きていくことが重要なのかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 自転車は車道、歩道のどっちを走らせたらいいのか
  2. 「ありがとう」の精神は大切だ
  3. 束縛、執着心は人生を狂わす
  4. 雲海に浮かぶ天空の城 :「竹田城跡」観光案内
  5. 狂犬病で年間55000人が死んでいる
  6. 他人の不幸を願うのは人間の自然な心理
  7. 時代の流れは大切な要素
  8. 正論よりも生きたいように生きる

おすすめ記事

大潟つくし苑

企業等や就労継続支援事業(A型)での就業経験のある方、又は同様の能力を持ってはいるが、企業の雇用に結…

あいけあ

1利用者と雇用契約を締結し、障がい者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとす…

就労支援事業所アテナ平和

ご利用者一人ひとりが働きやすい環境づくりに努め、障害特性に合わせた細やかな作業分担を行い、やりがいを…

ディーキャリア 大阪なんばオフィス

ブリーゼ

2年にわたり、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練、職場体験実習の機会、適性に応じた職場…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP