人生

日本人は他人の足を引っ張る天才

 

『日本人は他人の足を引っ張る天才』

 

 日本人は足を引っ張る天才

 学校、職場などにおいて、日本人は足の引っ張り合いをします。Win-winになろうとする精神が根本的に欠如しているのかもしれません。自分より幸せになることが許せない可能性もあります。

 

 他人の足を引っ張る人間の特徴を書いていきます。

 

 他人の不幸を喜ぶ(幸せを喜べない)

 日本人は他人が幸せになるのを嫌います。それゆえ、他人の足を引っ張るようなことをします。

 

 失敗してきた人ほど、他人の成功を喜べない性質になってしまっています。人間の判断材料になりえます。

 

 他人を叩くのが大好き

 日本人は悪口の天才というほど、他人を叩くのが大好きな生き物です。他人を非難することによって、自分の存在感を高めようとしているのかもしれません。

 

 無意味な行動なので、やめたほうがいいでしょう。そんなことをしている暇があれば、自分を高めるために時間を使ったほうが有意義です。

 

 他人のやってほしくないことばかりを考える(実行する)

 嫌がらせの天才かと思うくらい、人のやってほしくないことばかり考えます。日本では普段から足の引っ張り合いをしているので、自然と身についてしまうものなのかもしれません。

 

 長年かけて身に着けてしまった習性というのは、取り除くことは不可能です。どんなことをしたとしても、他人の足を引っ張る結果に落ち着きます。

 

 最後は地獄に落ちていく

 他人を不幸にしたものは、誰からも味方されることはありません。利用されるだけ利用されたのち、ボロ雑巾さながらにされます。利用価値がなくなった瞬間に、ごみ箱に捨てられる紙屑同様です。

 

*嫉妬している時間があるなら、努力する時間を取りましょう。うんと突き放してやることで、嫉妬心も気にならなくなるでしょう。成功体験を積んでいくことによって、相手の成功を喜ぶ機会も増えます。

 

*嫉妬心しかない人間は社会的に成功することはありません。どん底を這った状態を、生き続けるだけです。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f5/photo/47941858198/f843885894/

関連記事

  1. 学んだことを血肉に
  2. 数独で脳を鍛えてみよう
  3. 29歳から30歳になるということ
  4. 2020年7月からレジ袋有料化
  5. 土日の京阪電車にプレミアムカーが戻ってくる
  6. 3つの幸福
  7. 役に立つ事をしよう
  8. 携帯電話の便利さとマナー
PAGE TOP