未分類

特例子会社を検討してみてはいかがだろうか

 

 障碍者雇用を考えているのであれば、特例子会社を検討してみてはどうだろうか。

 特例子会社とは障碍者の雇用率を満たすために作られた会社。子会社で三〇人を雇用した場合、その人数を本体に含めることができるため、従業員の多い大企業で取り入れられている。

 特例子会社のメリットは長期雇用を見込めること。障碍者の数を満たすための会社であるため、離職されたくないという思いを強く持っている。一般企業の障碍者雇用で見られがちな、期間雇用という形態はほとんどないといっていい。正社員になれる確率が高いため、終身雇用を望んでいる当事者にピッタリである。不安定な立場から解放されると、心を落ち着かせることに繋がる。

 当然のことながらデメリットも存在する。あくまで障碍者枠の求人であるため、給料については抑えめとなっている(最低時給であることも珍しくない)。正社員であっても退職金を支給しないケースもあり、条件面で一般に劣ることを留意しておきたい。雇用は保証されても、待遇はあくまで障碍者枠の領域であることを理解しておきたい。

 障碍者同士で働きたいと思っているのであれば、特例子会社を検討してみてはいかがだろうか。一般では馴染めなくとも、当事者同士ならうまくやっていけるかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 「障碍者施設」は、現状維持を望んでいるようにも見える
  2. 障碍者の叫び
  3. ショートショート『高齢者施設に変化』
  4. 障碍者の一部は職場に居場所を確保するので一杯一杯
  5. A型作業所の給料、B型作業所の工賃はどれくらいなのか?
  6. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす
  7. バリアフリー法の改正(今後の課題)
  8. 年金制度の将来を案ずる

おすすめ記事

サポート友喜

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

コムズファーム

関係法令遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つ、きめの細やかな就労継続支援(B)型サービスの提…

株式会社きのこハウス

業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、障害者の日常生活及び社会生活を総…

はまゆうワークセンター宗像

花巻アビリティーセンター

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP