人生

遺産相続で、もめないために

 

 直系の家族に不幸があった場合、子供や孫は遺産を相続することになる。

 遺産とは死後に遺した財産。人が死亡時に遺していた財産をさす。所有や債権だけでなく、負債も含む。

 相続にあたっては遺産をきっちりと調べておこう。借金を抱えていた場合、期間内に手続きをしないと損失を被ってしまう。相続放棄の手続きは家庭裁判所で行うことができる(書類を準備する必要あり)。期間は3ヶ月と短いので、段取りよく進めることが求められる。個人で難しい場合は、詳しい人の力を借りるとよい。

 人間はお金となると、目の色が変わってしまう生き物。己の欲望に忠実な生き物であるため、相続人が複数人となる場合、遺産相続で争うことになる。

 血縁同士が取り分で揉めないよう、対象者が遺言を残している場合もある。きっちりと段取りを整えていたとしても、相続人の間で争いが起こらないとは限らない。

 トラブルになりやすいのは、「特定の相続人に全てを相続させる」と記したパターン。お金をもらえると思っていた相続人からは、「取り分をよこせ」と迫ることも考えられる。最悪の場合、血の争いとなるケースも想定される。

 金に対する恨みというのはおぞましい。わだかまりが残らないように心がけていきたいところ。

 

*筆者は5年としないうちに、遺産相続に関わることになる確率が高いです。争いにならないことを切に祈ります。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 定価が安い靴 – 履くのは止めよう
  2. 一度の不運を軽視してはいけない
  3. パリの代表、ノートルダム大聖堂
  4. 退職代行ってどうして人気なの?違法じゃないの?
  5. 成功するのに必要なのは才能よりもストイックさ
  6. プロ棋士になるのは難しい
  7. 仕事に行きたくない時、どうやって自分を鼓舞している?
  8. 数独で脳を鍛えてみよう

おすすめ記事

わーくさぽーとあたらしⅡ

ニューフォレスト株式会社 札幌東事務所

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細かな就労継続支援A型のサービスを提供し…

Lead本荘

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者総合支援法施行規則第22…

世界の国と国旗☆第22回目 ウズベキスタン共和国

皆様こんにちは!椎名 夏梨(しいな かりん)です。第22回目…

ワークフォローおおつち

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP