福祉・医療

障碍者の生きる道

 

 障碍者で才能を所持しているのであれば、芸術家やアスリートを目指してみるのも面白い。

 障碍者は個性の強い人が多い。それゆえ、チームワーク、協調性、一体感を求める組織では浮いてしまいがち。超人的な才能を生かすことなく、会社を去ることになりかねない。

 当人にとっても長く務めることによって、メンタルを病んでしまう。会社、当事者はwin-winではなく、lose-loseの関係になってしまう。

 障碍者の長所は基本的に、一般会社の場では生かしにくくなっている(クリエイター、プログラマーなどといった、一部の職業では生きることもある)。自分の特性を理解し、見合った仕事を探すことが重要となる。

 本に目を通しただけで全部の内容を記憶できる、口にするだけで調味料や具材などがわかる、話を聞いただけでどのような苦しみなのかを理解する、他人を魅了する画を書くといった才能は当事者でなければ身に着けられない。一般人はどんなにあがいても、平均から脱却することはできない。

 会社勤めができないことを嘆くより、独自の感受性に磨きをかけて勝負する。たぐいまれな才能を持っている、一部の障碍者は莫大な富を築き上げることができるかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 精神科の選び方
  2. 鍼治療を受けてみた感想
  3. 障碍者のバスの恩恵範囲が広がった
  4. 目的とは反対に進んでいる【障碍者編】
  5. 精神障碍者の自殺問題(大阪)について
  6. 一般人は見た目ほどいい人生を送っていない
  7. 発達障碍者向け恋愛サイトがある
  8. 特例子会社を検討してみてはいかがだろうか

おすすめ記事

こん総合福祉相談所

就労支援センターAKARI

関連法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正かつ きめ細やかな就労継続支援B型のサービスを提供…

【恋愛関係コラム】「彼と彼女」悪いのはどっち?

盆休み友人の家でこれは僕が23歳の時に友人に起こった実話です。…

就労移行支援事業所 エスポワール北見

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて…

ワークらんど加西

新着記事

PAGE TOP