福祉・医療

障碍者の生きる道

 

 障碍者で才能を所持しているのであれば、芸術家やアスリートを目指してみるのも面白い。

 障碍者は個性の強い人が多い。それゆえ、チームワーク、協調性、一体感を求める組織では浮いてしまいがち。超人的な才能を生かすことなく、会社を去ることになりかねない。

 当人にとっても長く務めることによって、メンタルを病んでしまう。会社、当事者はwin-winではなく、lose-loseの関係になってしまう。

 障碍者の長所は基本的に、一般会社の場では生かしにくくなっている(クリエイター、プログラマーなどといった、一部の職業では生きることもある)。自分の特性を理解し、見合った仕事を探すことが重要となる。

 本に目を通しただけで全部の内容を記憶できる、口にするだけで調味料や具材などがわかる、話を聞いただけでどのような苦しみなのかを理解する、他人を魅了する画を書くといった才能は当事者でなければ身に着けられない。一般人はどんなにあがいても、平均から脱却することはできない。

 会社勤めができないことを嘆くより、独自の感受性に磨きをかけて勝負する。たぐいまれな才能を持っている、一部の障碍者は莫大な富を築き上げることができるかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者が職場で就職(定着)するためには
  2. 障碍者施設における利用者との接し方
  3. 脳卒中の方のための福祉事業所がある
  4. 障碍者の一部は職場に居場所を確保するので一杯一杯
  5. 障碍者が仕事をする際に気をつけたい7つのポイント
  6. 発達障碍は適性がはっきりしている
  7. 子供の個性が強い(障碍者を含む)親御さんへのメッセージ
  8. バリアフリー法の改正(今後の課題)

おすすめ記事

ミュウルーム

(事業の目的) 障害者総合支援法に基づく指定就労移行支援事業の適正な運営を確保するために必要な人員及…

共同作業所二コの種

雇用が困難な障がいのある人を生産活動等を通じて訓練していくこと。 また、障がい者の権利や保障を地域住…

うばめ園

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

ひといろ工房

施設内・施設外での多種多様な作業を通じて、幅広い就労スキルの習得と工賃向上へとつなげていき、各支援機…

ビザライト

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供す…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP