コラム

ショートショート『休日のひとときをゆっくりと過ごす』

 

 室内には綿菓子さながらの、仄(ほの)かな甘さを伴った空気が流れていた。

 麻由美を除く家族は全員外出中。家の中にいるのは、彼女だけとなっている。

 静かに空を眺めると、雲が東から西へとゆっくり移動している。本日は地上に雨を降らすつもりはないのか、途切れ途切れで色は白かった。

 麻由美は大きな欠伸をする。ぽかぽか陽気が、眠りの世界へと導こうとしていた。あらがおうとしても、眠気が体内をぐるぐると循環するのを止められない。

 布団が入っている、押し入れの襖を開けた。仮眠用、睡眠用の二つが用意されており、今回は前者を使用することにした。

 仮眠用の枕を用いることで、昼寝の時間を抑制することができる。睡眠用の枕を使用すると、心が和らぐのか、長時間の睡眠になってしまいがち。睡眠時間を分けるために、二つの枕を所持している。

 麻由美は仮眠用の枕を後頭部に当てると、ゆっくりと瞼を閉じた。柔らかい眠りの世界が彼女を包み込んでいった。彼女は程なくして、眠りの世界へと入っていった。

 窓を閉め忘れていたため、隙間から風が流れ込んできた。室内は心地よい空気が入り込んで、彼女の睡眠を祝福していた。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 物語の一巻目を簡単に解説! 第四回【Rosen Blood】
  2. ショートショート『たまには傘を忘れてもいいかな』
  3. 不思議な話『ポテトチップスが一瞬にして消えた』
  4. ショートショート『二度自信を失う』
  5. ショートショート『障碍者の闇』
  6. 物語の一巻目を簡単に解説! 第九回【ひまわりさん】
  7. ペシミスティックな時もある
  8. 犬の隠された本音

おすすめ記事

サポートセンター グリーンハート

利用者等がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者等…

クロスジョブ札幌

事業所理念の策定「希望と約束を大切に日々の支援を振り返り高めあい、障害のある方が企業で働く未来に貢献…

ワークショップ ふれんどりぃ

ハンディのあるひとが作業所活動を通じて自己実現をはたすよう支え、その人なりの自立した生活を確立し、社…

はんど&はんど

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう通常の事業所に雇用されることが困難な利用者…

相談支援事業所 みらい

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、当該利用者の心身の状況、その置かれてい…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP