人生

人生は不平等だが光も差し込んでいる

 

 人生はつくづく不平等にできている。
 平等といえるのは地上に誕生し、生命を全うしたら魂を天に返上することのみ。家庭環境、周囲の環境、生まれつきの才能、人間との出会い、容姿(顔のパーツのバランス)、収入(生涯で稼ぐ金額)、結婚及び子供の有無、身長、性別、寿命といった要素は均一ではない。

 無数の理不尽と向き合いながら、日々の生活を送っていく。フラストレーションもたまるし、ときには人生を投げ出したくなることもある。そうだとしても、命がある限りは苦難と向き合い続けなければならない。目の前の厳しい現実から、逃げることは許されない。

 人生はマイナスの要素ばかりではない。個人差はあるものの、良かったと思える出来事と巡り合っている。マイナス思考に陥りそうになったときは、そのことを思い出すように心がけてみよう。理不尽がちょっとは軽減されるだろう。 

 人生は苦難の連続であると同時に、最大の幸せを掴める絶好の機会。理不尽だとは思わず、自分なりのプラスを楽しめるようになれるといいな。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 遺産相続で、もめないために
  2. 障碍をプラス、マイナスに取りやすいパターン
  3. 平凡が幸せへの近道
  4. 雑学よりも人のためになることを学ぼう
  5. 事件は起こした当人だけが悪い
  6. 才能のある人は無自覚に人を傷つける
  7. 現実を捻じ曲げながら生きていく
  8. 一方的に話しかける人からは逃げよう

おすすめ記事

ユートピア

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利用…

結果主義は障碍者にとって生きにくい

 見えない部分でどんなに努力をしても報われない。そのように感じている人は多いのではな…

多機能型事業所 ほうぼく(抱樸)

【事業の目的】特定非営利活動法人抱樸が設置する多機能型事業所ほうぼく(抱樸)(以下「事業所」という。…

グランブリエ東岡山

HOPEオフィス堺

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP