福祉・医療

6割程度の対人関係を目指そう【障碍者編】

 

  対人関係に限らず、ものごとは60パーセント程度がよいといわれている。あまりやりすぎると、良くないという例えだ。

 一般人はその部分を心得ているため、うまくとりつくろうとする。軋轢を生まないためのテクニックを実践している。

 障碍者はその部分に適応できないから生きにくくなる。当事者の話は常に100パーセントに近い。心の中でしまってあることを、そのままそっくりいってしまっていては良好な関係を築くのは難しい。ときにはオブラートに包むスキルも要求される。

 仕事を長続きさせるために、言葉を濁すスキルを身に着けておきたいところ。同じ意味であったとしても、言い方を変えることで緩和される。一度目をつけられてしまったら、長く居続けるのは難しくなる職場では特に気をつけたい。60パーセントが難しいのであれば、口にチャックをするのも有効な手段となる。

 職場だけでなく、友達付き合いも同じだ。100パーセントで接してうまくいく確率はかなり低い。距離を上手く取りながら、仲良くしていきたいところ。

 何事も60パーセントくらいがよい。そのことを頭に置きながら、行動してみてはいかがだろうか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 発達障碍者は、支援者の変わる支援センターに登録しない方がいい
  2. 惹きつけられる魅力
  3. 健康のために、「歯科検診」を受けよう
  4. 役所の申請手続き(障碍者手帳等)は、時間が掛かり過ぎる
  5. 事業所ごとの就職人数の掲載を義務化してほしい
  6. 障碍者のバスの恩恵範囲が広がった
  7. 障碍を持っていると正しいはずの答えが間違いとなることも少なくない…
  8. 病院の待ち時間について

おすすめ記事

ワークセンターつるみの郷

障害福祉サービス事業所かわしま

事業所は、利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供…

秀峰園

事業所は、障害者に対し就労又は生活活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする。  …

株式会社サカセル伊万里事業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活が営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることがことが困難…

スミールステッド就労支援事業所

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP