福祉・医療

適切な支援をする難しさ【障碍者編】

 

 支援者は適切な支援をしたいと願っているからこそ、障碍についてあれこれ聞いてくる。

 当事者としてはプライバシーを伏せておきたいところ。信頼関係を構築していない関係者に情報をペラペラとしゃべるようなことはしたくない。

 幼少期に一般人にいじめ、差別を受けていた場合はより顕著になる。第三者を信用できない。

 支援者に障碍について話したとしても、ほとんど理解されることはない。人間は他人のことはほとんどわからない生き物で、障碍についてもあてはまっている。

 三次元(立体)を理解できない当事者がいたとしよう。利用者がどれだけわからないという話をしたとしても、支援者には伝わらない。

 計算、漢字の読み書きについても同じことがいえる。健常者なら66+99=165と導くことができ、薄利を「はくり」と読めてしまう。そんな人たちに計算ができない、漢字が読めない苦労を語ったとしてもわからない。

 当事者が苦労しているのは、能力的な部分が大きなウエートを占める。支援者がどんなに手助けしようとしても、彼らの脳内を変えることはできない。最初から支援の手が届きにくい状況になってしまっている。

 障碍者に対する最大の支援は支援機関を利用することではなく、脳内のデータを容易に書き換えられる脳科学者を生み出していくこと。障碍脳を簡単に治せるようになれば、苦労する人が減っていくに違いない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. ふるさと納税のお礼として届ける「水耕ニンニク」を自家栽培するA型…
  2. ハンデを抱えたことを嘆かないように(ピアノ)
  3. 障碍者本人が主役になろう
  4. 発達障碍で障碍者手帳を取得するまでのプロセス
  5. アルコール、薬物、ギャンブル依存を脱却するための作業所もある
  6. 役所の申請手続き(障碍者手帳等)は、時間が掛かり過ぎる
  7. パソコンで写真の編集を行うB型作業所の紹介
  8. 障碍者支援機関との関係を切るのを最終目標にしよう

おすすめ記事

クレーマーが増えている(JAの早食い競争)

 おにぎりを飲み込むように指示されたことで、早食い競争に参加していた28歳が亡くなっ…

こころ

事業所は,利用者と雇用契約を締結し,障がい者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行う…

就労継続支援B型事業所 クレッシェンド

・利用者のストレングスを見出し、それが活かされる作業を考え実施していきます。 ・モノづくりを通して、…

ワークスクエア

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するとと…

聖隷はぐくみ花屋敷

当事業所は、特定相談支援・障害児相談支援・一般相談支援事業所として、子どもから、大人まで、障がいのあ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP