エンタメ

やらせ番組終了について考える

 

  やらせをさせたとして、放送休止、打ち切りに追い込まれる番組が後を絶たない。

 やらせがなくならないのは、日本人特有の人間気質からきているような気がしてならない。日本人は他人に結果を求めすぎる傾向がある。もうちょっとおおらかな心を持つようになれば、追い詰められる人も減ってくるのではなかろうか。

 視聴者を騙している罪悪感よりも、社内の仕事を遂行することに重きを置いてしまう。本来なら逆であるはずなのに、プレッシャーに押し潰されて間違ったことをする。社会で根本的な意識改革をしない限り、今後も続いていくだろう。社内で気づいていないだけで、やらせを放送してしまった番組があってもおかしくない。

 良い番組がやらせで終わってしまうのは、視聴者にとって悲しすぎる。今後はこのようなことが起こらないよう、万全を期してほしいと願ってやまない。目標を達成できなかったときに、今回はできませんでしたと締めくくれるような時代がやってくるといいな。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 【おすすめ】『推手』(1991)台湾・米国合作【必見です!】
  2. 才能のある障碍者は、藤井聡太新棋聖のような生き方を目指してみよう…
  3. 大相撲初場所の注目力士
  4. 『トリニクってなんの肉』(6月1日)を観た感想
  5. オリンピックの野球出場選手が発表
  6. 加藤一二三九段の最年長記録を更新できるのか
  7. アニメがゴールデンタイムで観られなくなる
  8. 気を付けよう!『鬼滅の刃』の偽グッズ!

おすすめ記事

社会就労センターわかたけ (地図不明)

指定生活介護の実施に当たって、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、…

つじやま相談室

・利用者がその有する能力および適正に応じ、自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう支援し…

障がい者支援事業所 だいちに水

訪れる人々とふれあいを大切にし、施設利用者と地域の方々にとって居心地の良い場所を提供すること。…

就労継続支援B型事業所しらゆり

作業の安定を図りながら、個別支援計画に基づき、より質の高いサービスの提供と一人ひとりのニーズに沿った…

就労支援事業所サン出雲

事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、その人の希望や適性に応じ…

新着記事

PAGE TOP