コラム

炊事がルーティン化した母親の胸中

 

 人間はどうしてご飯を食べなくてはならないのだろうか。

 

 食べなくても生きられる身体であればいいのに。

 

 毎日のように、ご飯を作らなければならない立場になってほしい。簡単そうに見えて重労働だ。

 

 今日はご飯を作るのをやめようかな。一日くらい食べなくても、人間は生きていける。

 

 旦那、息子、娘はきっと許してくれないだろうな。おかあさん、どうしてご飯を作らなかったのと責め立てるだろう。

 

 母親を非難するなら、毎日のようにご飯を作ってみてよ。おかあさんの大変さがちょっとはわかると思うよ。

 

 母がご飯を作るルールはどこにも明文化されていない。おとうさん、息子、娘が作っても問題ない。

 

 夜ごはんのメニューを考えながら、うつりゆく空をみつめていた。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 小説:『純喫茶(2)』
  2. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 中』
  3. 小説:『彼女との約束(1)』
  4. 前野隆司著『実践ポジティブ心理学』のまとめ【第六回】
  5. ショートショート『自業自得が招いた不幸の連続』
  6. 不思議な話『ポテトチップスが一瞬にして消えた』
  7. 小説:『彼女との約束(7)』
  8. ショートショート『空から偽札が舞い降りてきたら』

おすすめ記事

愛厚希全の里 

★基本理念:「笑いと笑顔共に向上」 【笑いと笑顔】は幸せで楽しい生活 【向上】は質の向上、専門性の向…

【4コマ漫画】カエルと少年 第二十二話『ハロウィンだね』

『ハロウィンだね』漫画:こばまき&nbs…

鮫川たんぽぽの家

社会福祉法に定める福祉サービス理念の充実に努め、利用者が自立して社会生活を営むことができるよう、社会…

NPO法人 オール サポート

通所による雇用契約等に基づく就労の機会を提供するとともに、一般就労に向けた知識、能力が高まった者につ…

LITALICOワークス秋葉原

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

新着記事

PAGE TOP