コラム

短編小説『どうしようもない男に鉄槌を下す時がやってきた』

 

 人間は他人のやってほしいことを察知する能力が低いといわれている。私の旦那は違うと思っていたけど、確実に当てはまっている。

 他人の気分を害するような男と一緒に居られるのは、お金をたくさん持っているから。これを失ってしまえば一秒たりとも一緒にいる価値はない。即刻、離婚届をつきつけてやる。

 旦那が仕事から帰ってきた。たまには寄り道すればいいのに、一直線に帰ってくる。友達が一人もいないのかな。

「ただいま」

 ほのかは明るい声で男を出迎える。本心はこんな男の機嫌など取りたくない。

「おかえりなさい」

 旦那はネクタイを緩めると、他人をけなすようなことを発した。

「課長がさ、仕事の失敗をしたんだ。小学生でもできるようなことができないんだぜ。笑っちゃうだろう」

 他人を陥れるような内容を聞いても面白くない。ただ、金づるに頑張ってもらわねばなるまい。ほのかは追随するように笑った。

「そうね。小学生以下の課長の下で働くのは大変だね」

「まったくだ。これだったら犬に課長をやってもらったほうがいいんじゃないか」

 そこまでいうか、と思ったけど口に出さずにおいた。肝っ玉の小さい男は、ちょっとした批判で機嫌を悪くする。胴体はでかいけど、精神は小学生のままだ。

「晩飯は何?」

「野菜炒めと豚汁」

 旦那はメタボで腹が出ている。健康なメニューで体調を整えてほしい。

 ほのかの優しさが旦那には気にくわなかったようだ。怒りの矛先がこちらに向いた。

「お前、そんなメニューで満足すると思っているのか。スタミナがつきそうな食べ物を用意しろよな」

 スタミナのつきそうなメニューとは肉を指している。旦那は肉に目がなく、ハンバーガーやフライドチキンなどを愛用。肥満体系は普段の食事からつくられている。

 旦那はほのかに聞かせるように、舌打ちを繰り返す。

「明日からは肉中心のメニューにしろよ」

 ほのかは諦めと同時に、新たな発想を思いつく。旦那に不健康な食事を提供して、あの世に旅立ってもらうのはどうだろうか。愛情なんてこれっぽっちもないし、本人がそれでいいといっているのだから希望をかなえてあげよう。

 旦那のいない生活を思い浮かべると、自然と活力が湧いてきた。有害物質をとっとと処分して、新しい生活を築いていこう。最低限のお金ならアルバイトで稼げる。お金はなくてもいいから、愚痴ばかりの男との生活を終わらせることに力を捧げよう。

 ほのかはこれまでで一番の笑顔を見せた。他人の感情に疎い男はその意図に気づいていなかった。

 

文章:陰と陽  

 

関連記事

  1. ショートショート『庶民が大金を入手した末路』
  2. 専門家の意見はいらない
  3. ショートショート『天才を採用した末路』
  4. ショートショート『心を満たす人』
  5. 柄谷 行人『遊動論 柳田国男と山人』文春新書
  6. 小説:『彼女との約束(5)』
  7. ショートショート『無謀なチャレンジ』
  8. 【第三回】『市場に評価される方法を学ぶ』

おすすめ記事

樺沢紫苑著『精神科医が教える病気を治す感情コントロール術』あさ出版

樺沢紫苑著『精神科医が教える病気を治す感情コントロール術』あさ出版…

エマン

利用者の健やかな社会復帰を願い、適切な育成及び支援を行う。 信頼される社会福祉法人とし、地域との強固…

self−A・ルミエール

組織の効率化を図る組織の効率化を図ることで、与えられた目的・機能をよりよく達成していくために、組織を…

ゆーあい工房

 事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、就労の機会を提供すると…

アスミール 

通所による雇用契約等に基づく就労の機会を提供するとともに、一般就労に向けた知識、能力が高まった者につ…

新着記事

PAGE TOP