レジャー

プロ野球ペナントレース優勝の行方は?(パリーグ編)

 

   パリーグではソフトバンクが首位に立ち、西武が1ゲーム差で激しく迫る展開。優勝の可能性があるのはこの2チームといってもいい。

 ソフトバンク、西武は対照的な野球をしている。ソフトバンクは投手力、西武は打線の破壊力で勝利を収めている。ソフトバンクは防御率がトップ、西武はリーグ屈指の得点力を誇る。

 12球団のうち1試合で5得点以上あげているのは西武のみ。投手陣が打ち込まれても、打線の力でカバーすることができる。

 特筆すべきポイントは西武の防御率がリーグ最下位であること。従来の野球の常識では投手力が充実したチームが優勝するといわれている。西武は2年連続で、野球界の共通認識を覆そうとしている。

 直接対決はほとんど残されていないため、他のチームとの勝敗が鍵を握る。下位かつ勝率の良いチームとの対決を多く残している、ソフトバンクがやや有利といえそうだ。西武は苦手の楽天戦を8試合も残しており、ここをどのように乗り切るかによって、順位を大きく左右する。

 2年ぶりにソフトバンクが制するのか、西武が再び黄金時代を築いていくのか。パリーグから目が離せない。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 高校を退学する勇気
  2. 巨人の沢村がトレード
  3. ベンゼマのハットトリックで大逆転勝利!!
  4. 【欧州L】鎌田大地の活躍でバルサを倒す!
  5. インフルエンザを発症したのに相撲を取らされる
  6. 千代の国は幕下、十両、幕内で一場所ずつ優勝し、三場所連続優勝を成…
  7. 【夏の甲子園】大阪勢が夏2連覇!
  8. 選抜の甲子園出場校予想2

おすすめ記事

フェイス・トゥー・フェイス 

施設側が積極的にハンディキャップを感じさせないシステムを仕掛け、企業・地元と密接にかかわり、「施設」…

就労継続支援B型 松の実

①利用者の自立した日常生活または社会生活ができるよう就労と生産活動の機会を提供して、知識及び能力の向…

領家グリーンゲイブルズ

CROSS HARBOR

運営法人であるまちづくり会社が所有する厨房設備を活用した食堂の運営を作業の一つに据えています。また地…

指定相談支援事業所コンサル

事業者は、地域相談支援(法に基づく地域移行支援及び地域定着支援をいう。以下同じ。)の提供に当たっては…

新着記事

PAGE TOP