健康

アレルギー性鼻炎で学んだ生活の知恵

 

  アレルギー性鼻炎の治療のために、病院に通い続けた。抗アレルギー剤と薬を処方されるも、なかなか完治には至らなかった。正直な話、アレルギー剤を飲んでも鼻炎の抑制にならなかった。

 

 本来の効果を得られることなく、副作用はきっちりと現れていた。マイナスの部分だけが身体を蝕むこととなった。医師を信用して、処方された薬を飲み続けたのは間違いだったのだと、大人になってから気づかされた。

 

 引っ越しを機会に病院を変更した。その病院では抗アレルギー剤のようなきついタイプではなく、

漢方薬を処方されるようになった。当初は薬の強度が下がったことに、身体がついていかなかったものの、徐々に慣れていくようになった。抗アレルギー剤を服用しなくとも、鼻炎の症状が現れることは少なくなった。

 

 漢方薬は抗アレルギー剤と比較して、副作用が小さい。解放された身体は、ちょっとずつよくなっていった。

 

 体質によるので、どの薬がよいのかは一概にはいえない。ただ、薬の副作用は小さい方がいい。

服薬する薬を工夫して、健康な体を作っていく努力をしてみてはいかがだろうか。薬は食事と同じで、健康な体を作るにあたり、重要な要素となりうる。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 「ダチョウの卵」で料理してみたよ!?
  2. 体重を減らしたい
  3. 「過度の連続飲酒すると心身はどうなるのか?」:傾向と対策
  4. 完全禁煙を望む非喫煙者
  5. 毎日のように夢を見る人っていないだろうか
  6. 精神安定剤の服薬をやめよう
  7. E型肝炎ウイルス(HEV)は死ぬ事もある怖い病原体
  8. 健康のために、「歯科検診」を受けよう

おすすめ記事

相談支援センターそらうみ 

【サッカー】伝説の選手、サミュエル・エトー

伝説の選手サミュエル・エトーをご紹介します!サミュエル・エトーは…

tori dori

サポートセンター ウイング

1 事業の実施にあたっては利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう生産活動及び創作…

ほうあんホッと相談カフェ

指定地域定着支援の実施に当たっては、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該…

新着記事

PAGE TOP