福祉・医療

障碍者手帳の基準が全国で統一されていないことに違和感がある

 

 兵庫県(神戸市を除く)と北海道では発達障碍であった場合、IQの如何にかかわらず療育手帳を取得できる。極端な話、東大卒、京大卒であったとしても、発達障碍と診断されれば、療育手帳を取得できる。IQ120を超える天才が知的障碍の境界線とみなされる、療育手帳を所持していることに、クエスチョンマークを浮かべる人は多数いるだろう。

 

 療育手帳は精神福祉手帳よりもメリットが大きい。一番身近な恩恵は長距離における、電車、バス代が半額になること。精神福祉手帳では電車、バス代を半額にできない。3000円のバス代を1500円で済ませられるメリットは小さくない。療育手帳を所持することで、身体障碍者手帳と同じ権利を受けられる。

 

 兵庫県では一定以上の能力を持つ人は、更新する必要がないため、医師の診断書代が節約可能となっている。精神福祉手帳は二年に一度更新しなければならないため、その都度診断書代がかかってしまう。自由に使用できるお金があまりない障碍者からすれば、計り知れないメリットがある。

 

 精神の状態がよくなれば、通院をストップさせることもできる。精神障碍者手帳は更新のために、定期通院する必要がある。診察代、通院する時間を省けて一石二鳥だ。

 

 全国で兵庫県や北海道に続く、基準を設ける都道府県は現れるのだろうか。これからの対応に注目したい。障碍者として生まれたハンデを補うような制度に期待したい。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者にとってのテレワークの良さ
  2. 障碍者の切なる願い
  3. インフルエンザの注射を打つべきか
  4. 障碍者は職場で支援員(健常者)と親しくするのは難しい
  5. 子供の個性が強い(障碍者を含む)親御さんへのメッセージ
  6. 障碍者枠は週に30時間以上働くことが求められる.
  7. 薬の副作用が副作用でなくなり、主作用になることがある
  8. 失語症の人が通所するB型作業所の紹介

おすすめ記事

江南市社会福祉協議会障害者サービスセンター

1 本事業所は、利用者が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、…

せせらぎ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支…

善意ほど怖いものはない

 他人のためを思って、力を尽くそうとする人をよく見かける。 耳を貸してもいいのは…

ワークセンターるーぷ『とよかわ』

①指定就労継続支援B型の実施に当たっては、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが…

ひまわりの家

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、通常の事業者に雇用されることが困難な利…

新着記事

PAGE TOP