詩・ポエム

『生きる』

 

何もかもに縛られて、毎日つらい……

 

自分が撒いた種だとしても、自分自身が臨んだことでなくても、

 

何度も消えようとした……

 

でも、僕は今ココにいる……

 

どうして?と考えた。

 

消えることが出来ないのは、まだこの世界にいなければならないから……

 

やり残したことがあるから、

 

自分では気付いてないだけでやるべきことがあるから……

 

だからまだ僕は生きている。

 

文章:八雲月夜

関連記事

  1. 『言えない』―大切な人だから、弱みを見せたくないー
  2. 『何度も…』
  3. 『もう耐えきれない』―この気持ちを誰かに言いたい―
  4. 『好きだけど…』―すぐ散ってしまって寂し―
  5. 『楽に過ごせるんだ!』
  6. 『絆創膏を貼ろう』―必ず治るって信じたい―
  7. 『生きづらさを感じる』―でもあなただけじゃない―
  8. 『あたしの前から…』―すべての人が自分の前から離れていっちゃうと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

未来サポートステーション 道標

ご利用者等がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、心身の…

いぶきの風

第二ぎんなん作業所

地域で安心して暮らすという願いを踏まえ、事業所等への就労が困難な知的に障害のある人に、生産活動やその…

ワークハウスはちまん

一人ひとりの自主性を大切にし「個性豊かにのびのびと」生活できるように支援します。 地域の中で「生きが…

就労継続支援B型事業所コージーガーデン

必要な時に必要なサービスを提供し、地域との結びつきを重視し他の社会資源との連携に努め、関係法令を遵守…

新着記事

PAGE TOP