詩・ポエム

『僕と君』

 

君といた時間の方が長く感じた。

 

でも君はもういない

 

どこに行ったのかなんて考えない。

 

考えたら悲しくなる君の所へ行きたくなる…

 

でもここで逃げたらダメな気がして…

 

だから僕は君と一緒に生きることを決めたんだ。

 

君はずっと僕の記憶の中に居る。

 

僕は忘れない。

 

でも待っていて。

 

僕だっていつか君の所に行かなくてはならない時が来るから。

 

それまで首を長くして待っていてくれ。

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 『後悔したくない』―後悔しないためにどう生きて行くかー
  2. 『強くなりたいと願い続けた…』
  3. 『幼い頃に見ていた…』―子供の頃の純粋な心に戻りたい―
  4. 『思い出したくない…』―記憶をリセットして新たな人生を歩みたい―…
  5. 『強くなりたい』
  6. 『あたしを嫌わないで』
  7. 『どうすればよかったの?』―誰か教えてこの答えを―
  8. 『涙の分だけ…』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

就労継続支援B型 HolD HanDs

ゆうとおんうぇーぶ

労働を媒介として、「障害者」の社会参加を積極的に推進すると共に、差別・選別・排除の根っこにある社会問…

ウェルビー三鷹センター

パオ・ポット 

就労するためには、何から始めたらよいのか? 一人で悩んでいる方、困っている方、是非パオ・ポットで、き…

じゃがいも 

「楽しむ・働く・相談する、潜在能力を発揮する」をコンセプトに事業所を運営しています。…

新着記事

PAGE TOP