詩・ポエム

『ありがとう』

 

あたしは、障害者としてこの世に生まれた。

 

幼い頃は何も感じなかった…

 

けど…

 

物心がつき始めてから、周囲と関わるのが難しく感じていた…

 

『なんで障害に産んだの』と訴えたこともある…

 

その度に心が痛くなった。

 

まだ子供だった。

 

障害者として産まれたからこそ沢山の人達に出会えた。

 

だから『お母さん、お父さんありがとう』

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 『夜』―毎日朝から夕方までの時間憂鬱―
  2. 『どうして……』
  3. 『何も手につかない』―誰にでもそんな時はある―
  4. 「桜の花びら」―春が来ると時が早く感じるー
  5. 詩:『夜明け前の街は』
  6. 『あなたの…』―優しさが時に苦しめるー
  7. 『引き裂かれる想い』―そんな時は、寄り添ってほしいー
  8. 『どっちだよ!』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP