サスペンス・ホラー

怖い話:『古井戸から』

ある地方都市の河川敷のうっそうとした茂みの中に古井戸があった。

それは、夜中に赤ん坊の霊が飛び出して近くを飛び回る、という噂のある古井戸だった。

一部の人が言ってるだけで、信用するに値しなかったが、人が転落する危険もあるため、そのまま放置して置くわけにもいかない。上から鉄板で蓋をした。

そして数年が経ち、開発工事の人が鉄板を取り外して裏面を見ると、びっしり赤ん坊の手形が付いていたという。

 

 

百百太郎

関連記事

  1. 怖い話『古い写真』
  2. 怖い話『ねえ・・・暗い・・・』
  3. 怖い話『階段からくる子』
  4. 怖い話『早く見つけてよ』
  5. 怖い話『わたしはここにいる』
  6. 怖い話『午後の授業中の怪』
  7. 怖い話『虫刺され』
  8. 怖い話『看板人形』
PAGE TOP